ケータイ小説 野いちご

放課後は、図書室で密会

面白い女





咲哉side




坂木 茅



正直こんな風に図書室で会うようになるなんて思わなかった。



こいつの本に興味を持ったのは事実。

理由はスゲー顔で号泣してたから。



そしたら嬉しそうに本のことを話し出して、

不意に笑うから。



あんな柔らかく笑う女、初めて見た。



だから俺は明日からも来い、と言ってしまった。



せっかくの一人きりの時間を棒に振った。



正直結構後悔したけど、
次の日また話してみたら、やっぱり面白いやつだった。



急に運命論を語りだした。

ホント面白い。




ただ面白いだけなのに……

なんとなく触れたくなった。



俺の線路に

乗せたくなった。






< 26/ 271 >