ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月14日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • クリスマス4【お題】
    • 校門

    「クリスマス、カフェ行かない?」
    「あー、ごめん。クリスマスは彼氏とデート」
    「私も」「私もだった!」
    校舎から校門までの道。
    みんなでどっか行けないかなーって誘ってみたのにこの返事。
    「柚乃は颯誘ったら?」
    颯か。
    「無理だよ。OKしてくれるわけないし。」
    「そんなことないよ!」
    「朱莉とね、映画行くんだって」
    「は?」
    「朱莉が誘うって言ってた」
    朱莉だったらOKするだろう。
    「なにそれ。柚乃朱莉と本当に友達?」
    「うん。」
    「はぁ。これだか「ねえ、あれって颯じゃない?」
    え?
    本当だ。
    誰かを待っているのだろうか。
    そういえば、今日は朱莉が日直だ。
    「朱莉じゃない?」
    「朱莉日直だったわ」
    私は泣かない。
    「おい、葉山」
    「私?」
    なんで。
    「葉山25日空いてる?」
    「空いてる、けど」
    「じゃ、俺と遊ぼ」
    「待って朱莉は?」
    「断った」
    「え」
    「振った後でごめん。でも葉山がいい」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    屋上に呼び出されて
    いきなり後ろからギュッと抱きしめてきた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • クリスマス4【お題】

    「あっ、先輩っ」
    「美優ぅー!」

    テニスコートから走って来たのは、これでも学校一のイケメン先輩。

    「先輩にプレゼント渡したくて…」
    「えーっ!ありがとー美優ぅ!」
    「もうっ…先輩なんだからしっかりしてよ」

    私にぐでっと体を預けてくる先輩。
    そんなことは置いといて。

    「はいっ!メリークリスマス」
    「うぉぉぉありがと!俺これだけで残りの部活頑張れる」
    「えへへっ、じゃあ頑張ってね?」

    私もテニス部に所属しているからよく分かる。
    筋トレがすごくキツい+冬は寒い。

    「美優、それはねぇだろ」

    やばっ。

    先輩が『男』のトーンになった…!

    -ちゅ

    「よしっ美優チャージかんりょー」
    「なっ…///」

    …ねぇ先輩。

    あなたはなんでそんなにもかっこいいの。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

▲