ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

『掌編小説集』

作品番号
1559138

最終更新日
2019/5/15

『掌編小説集』

tohrcf/著 ジャンル/ホラー・オカルト
13ページ
PV数/51・総文字数/34,267

気紛れに書いた「140字小説」を拡張、再構築し、1篇あたり400字詰め原稿用紙5,6枚程度の、超短編(ショートショート)に仕上げました。当該作品集には、合計11篇の超短編を収録してあります。タイトルからそれとなく想像できそうな単純な構成で、電車待ちの合間にも読めるほどの手軽な内容です。

あらすじ

1 .『序章』
両手でバッグを抱えた痩せぎすの若い女が、鎌首を外壁からニュっと擡(もた)げて睥睨(へいげい)するガーゴイルを視上げ、遺跡かと視紛(みまご)う石造りの建物に入っていった。……分厚い雷雲が天空に貼りつくと同時に、暗闇が地上を覆い悉くし、凄まじい稲妻が大気を引き裂いた。次いで、巨大な雹が地上に降り注いで地面を揺さぶり、天空と地上が逆転、終末を告げる弔鐘にも似た轟音が鳴り響いた。


小説を読む