ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ダブルキャラクター

作品番号
780574

最終更新日
2012/9/8

ダブルキャラクター

梓猫/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
7ページ
PV数/97・総文字数/1,718



ある日…いや、正確にはある朝だったかな。


僕はツンデレの猫に行き逢った。



その時、僕はただの野良猫だと思って横目で見て通りすぎようとした。

横目で見ただけなんだ、別にお持ち帰りいたそうなんて微塵も…いや微かにあったのだ。


「なに見てんだニャ」

君は、そう呟いて僕を睨んだんだ。




1ヶ月前に起きたその出来事について、話を聞いて欲しい。



小説を読む