ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

嘘偽りの愛しい体温

作品番号
668237

最終更新日
2013/1/17

嘘偽りの愛しい体温

銀月 桜/著 ジャンル/恋愛(その他)
400ページ
PV数/9,927,122・総文字数/95,619


貴方には内緒

私がずっと貴方の事を

想い続けながら

その腕に抱かれている事

身体だけの関係で良いなんて

本当は思ってない

だけど

突き放されるのは嫌だから

貴方に沢山女がいようと

何でもない様なフリと

軽い女のフリして

今日も貴方に抱かれる



「…俺を見ろ」

私を真っ直ぐに捕らえ

離さない熱い視線も

たまに見せる独占欲も

全部が愛おしくてたまらない程

こんなにも貴方が好き



飴と鞭を使い分ける
クールで逞しく
心の読めない難しい男
×
自分を偽ってでも
好きな人の傍に居たい
真っ直ぐな女


切なく儚い
大人のLove Story


嘘偽りの愛しい体温-Berry's Cafe.Ver-総合ランク一位。ファン様を始め読者様のお陰です。本当に有難うございます。


小説を読む