ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

もし明日が見えなくなっても切ないほどにキミを想う。
書籍化作品

作品番号
367983

最終更新日
2017/6/1

もし明日が見えなくなっても切ないほどにキミを想う。

柊 湊/著 ジャンル/恋愛(その他)
287ページ
PV数/14,324,364・総文字数/101,060


これが変えられない運命なら


あたしは最後のその瞬間まで


この目に焼き付けていこう




隻眼の少女
[御堂 雪那-ミドウセツナ-]


黒髪の不良少年
[相沢 慧斗-アイザワケイト-]







レビュー・感想ノート
ありがとうございます!


2010.1.7 連載開始
2010.2.17 完結


旧タイトル 雪月華
2017.6.25 ブルーレーベルより書籍発売予定

皆様のおかげです!
ありがとうございます!

好評発売中

あらすじを見る
片目の視力を失い、家族もいなくて孤独な雪那は、毎日ただ綺麗な景色を探して生きていた。そんなある日、暴走族総長の慧斗と出会い、姫になるように言われる。彼の家で暮らすことになった雪那は、無愛想だけど優しい慧斗に愛され、初めて幸せを知る。しかし、雪那の目はもうすぐ両方とも見えなくなることがわかっていて…。運命に翻弄される少女の切なすぎる恋に涙が止まらない!

小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)