ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

雨降り王子は、触りたい。

作品番号
1654566

最終更新日
2022/1/24

雨降り王子は、触りたい。

波埜くらげ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
312ページ
PV数/9,346・総文字数/87,804





移動教室ですれ違うたび、腹の立つ態度を取るアイツ。
もう関わらない、そう決めた矢先の出来事だった。



「─────誰にも言うなよ。」



私はアイツの、三咲の、涙を目撃してしまったんだ。




×××××


雨宮 絃 (あまみや いと)
ごく普通の赤髪女子高生

×

三咲 留衣 (みさき るい)
女嫌いの"チャラメガネ王子"


×××××




「俺は女に触ると、涙が出る。」

三咲の秘密を知った私は、



「…最近この体質、治したいって思うようになったから。」

モヤモヤする私は、



「簡単に触らせないで。」

期待してしまう私は、きっと─────。




「……俺、ちゃんと雨宮に触りたい。」




・・秘密の共有から始まる、ピュアラブストーリー・・





since : 2021.12.03




あらすじ

ごく普通の女子高生、雨宮 絃(あまみや いと)にはどうしてもムカつく相手がいる。
三咲 留衣(みさき るい)。 "チャラメガネ王子"という何とも微妙なあだ名で呼ばれる三咲は、移動教室のたびに腹の立つ態度をとるんだ。

だけど絃は、ひょんなきっかけで三咲の涙を目撃。
そして三咲の秘密を知ることになる。


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)