ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

さようなら、そして次は幸福でありますように

作品番号
1640633

最終更新日
2021/6/14

さようなら、そして次は幸福でありますように

神河巫女/著 ジャンル/ミステリー・サスペンス
8ページ
PV数/3,017・総文字数/1,265

あの日の君は、静かだった。

ただ、黙々とテーブルに向かって何かを書いていて、それが当たり前だと思っていた自分が何処かにいた。


それが最後に見た君の姿だった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「ここから逃げないと自分が自分じゃなくなっちゃうから。だから、ごめんなさい。」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


いつも書いていたノートの後ろに、そんな言葉が記してあるのを見つけたのは、私が実の父親に引き取られてから一週間経った日のことだ。





小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)