ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

堂くん、言わないで。

作品番号
1637892

最終更新日
2021/9/27

堂くん、言わないで。

花袋 一/著 ジャンル/恋愛(学園)
183ページ
PV数/187,488・総文字数/71,242



「いい?」
「……いいよ」


そのうち飽きてくれるだろう

最初はそう思っていた






ダウナーな冷え性
堂 恭花(どう きょうか)

×

堂くん専用カイロ
安藤 みくる(あんどう みくる)






「もう堂くんと一緒にいたくない」
「なんで」

「っ……くるしいから」


あなたが欲してるのは

わたしの体温だけ……だから



「俺のこと嫌いになった?」


…………まさか。


伝えられない自分に嫌気がさす





「もしそうじゃないなら……まだ一緒にいたい」


つうっと触れられた唇は熱を帯びる

わたしを見る目はひどく優しかった





「口、あけて」
「んっ……ぁ」


冷たくて、熱くて

とびきり甘くて




「まだ足りねぇ。熱も、みくるも。全部欲しい」



ゆっくり、溺れていく。







*堂くん、言わないで。


2021.9.4 ~


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)