ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

レモンキャンディーにさようならを

作品番号
1633987

最終更新日
2021/5/17

レモンキャンディーにさようならを

ふゆのぽっけ/著 ジャンル/恋愛(学園)
34ページ
PV数/5,212・総文字数/12,003



良い子でいたいのに。







じっと先生の背中を見つめた。



幸せと後ろめたさを感じながら。





良い子になりたい、クラスにも部活にも馴染めていない「ぼっち」
中学2年生

川越(かわごえ)よいこ


×



少年みたいな優しい笑顔の担任の先生

古賀遥人(こがはると)





「秘密は守れますか?」

そう言って先生が私にくれたのはレモンキャンディー。


ドキドキが止まらない。

そっか。

これが恋心なんだ。




「先生……、私は良い子にはなれません」

「良い子なら、きっとこんな恋なんてしない」

「先生が好きです……、ごめんなさい」


大切な恋心なのに。



誰かに教えてほしい。




この恋心を守る方法を。








小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)