ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

引きこもっていたのに呪いのせいで溺愛されています

作品番号
1614562

最終更新日
2021/3/30

引きこもっていたのに呪いのせいで溺愛されています

朝陽ゆりね/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
30ページ
PV数/39,891・総文字数/105,719

シエラは国王と王妃の間に生まれた正統王女なのに、なぜだか自分に自信がなくて人見知りの引き籠もり。結婚など諦めているが、実はここに秘めている相手がいる。オルフォンス侯爵家の次男ジュリウスだ。

彼は優美な身のこなしと美顔によって社交界で浮き名を流す人気者で、引っ込み思案の引き籠もりであるシエラなど、いかに王女でもあっても相手にされないだろう。

一方、そのジュリウス。いきなり国王から呼び出され、シエラを嫁にするよう命令される。「俺があの引き籠もり王女を!?」と思うが、国王命令を前に否とは言えない。

ジュリウスはいやいやこれを受け入れ、シエラのもとに出向いた。だが、顔を合わせたシエラは噂やイメージと違って、妖艶に微笑み、さらにはベッドに誘ってくる。大混乱のジュリウス。

シエラはもしかして、二重人格なのでは!?

※データ修正&誤字修正を終えています。

あらすじ

シエラ・ストラトス:『変人王女』と噂されている極度の人見知りで引きこもり

ジュリウス・オルフォンス:侯爵家次男でこの度めでたく(?)シエラの婿に任命され迷惑している・・はずだったのだけど・・

カリタ・クレミア公爵令嬢:シエラの幼なじみで侍女
リリアーナ・ミュレ侯爵令嬢:シエラの幼なじみで侍女


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)