ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

花屋敷の主人は蛍に恋をする

作品番号
1607142

最終更新日
2020/8/4

花屋敷の主人は蛍に恋をする

蝶野ともえ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
98ページ
PV数/3,963・総文字数/63,549

菊那の住む街には不思議なお屋敷があった。そのお屋敷は大きな塀で囲まれており、中の様子はわからない。けれど、稀にドアが開いており、そこから中を覗くと驚く事に四季折々の花が咲いているというのだ。

ある日、菊那はその花屋敷の花を盗んだ犯人だと間違えられてしまい、主人である樹に花屋敷につれていかれてしまう。

ミステリアスで花好きな樹と出会い、菊那は少しずつ彼に惹かれていく。

花屋敷にも樹にも秘密がある事を菊那は知っていく事になるが………




史陀 樹(しだ いつき) 28歳 植物学の大学教授。オンラインのみで仕事をしている。大きな花屋敷に一人で住む、ミステリアスな男性。中性的な顔立ちと白い肌、長身細身という美形。

春夏冬 菊那(あきなし きくな)26歳 街の小さな本屋に務める。休みの日は自然溢れる公園で読書をするのが好きないたって平凡な女性。好奇心旺盛。



小説を読む