ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

極上御曹司は失恋OLを新妻に所望する

作品番号
1593891

最終更新日
2020/7/17

極上御曹司は失恋OLを新妻に所望する

pinori/著 ジャンル/恋愛(純愛)
190ページ
PV数/2,915,709・総文字数/111,840


三咲つぐみ
伊月孝一



二週間の夏休みに帰省した実家。
そこで待っていたのは、横柄な態度の男だった。

「おまえ、誰? まさか不法侵入者ってわけじゃねーだろうな」
「こっちの台詞なんだけど。そっちこそ誰?」

強面の男は、
海外までシェアを広げる伊月グループの御曹司だという。

にわかに信じがたいのは、
出逢い方が出逢い方だったからなのか。

それとも毎日のように顔を見せる伊月から
あまりにそういう雰囲気を感じないからなのか。

「おまえ、いい加減髪かわかせよ。
ドライヤーかけてやるからこっちこい」

「そんな気遣わなくても、
酒の席での話なんか誰も本気にとらねーよ」

暴君なのに、一緒にいるとどこかホッとするのはどうしてだろう。

「泣いてる女にキスすると泣き止むって話、
本当だったんだな」

強引なのに、嫌じゃないのは……惹かれてるから?

「こんなに震えてるくせに強がるな」
「本気で口説いてる」

伊月が本当は優しいって知ってしまった。

この手を離したくないって、
触れていたいって、思ってしまった。

でも……無理だ。


「おまえ、本当に帰るのか?」


私は――



暴君御曹司との二週間限定シンデレラストーリー。


2020.4.2 start

あらすじ

傷心のつぐみは、二週間の夏休みをとり実家に帰る。そこにいたのは、伊月グループの御曹司、伊月孝一だった。すっかり家族と仲良くなっている伊月に、次第につぐみも心を開いていく。横柄なのに実は優しいことを知り、伊月に惹かれていくつぐみだったが、素直になれない事情があって――。
自分の気持ちからも伊月の想いからも、どこか本気で逃げられないつぐみと、まっすぐに追いかけてくる伊月とのおいかけっこ。


小説を読む