ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

キミの溺愛は甘すぎる。

作品番号
1566270

最終更新日
2019/8/3

キミの溺愛は甘すぎる。

三宅 あおい/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
226ページ
PV数/2,402,703・総文字数/80,020

学校一のイケメンと称えられる彼とは
いわゆる“幼なじみ”という関係だったけれど。




私たちの関係は少しだけ他とは違う。





「鈴華、今日は何して遊ぼうか」
「は、離して…!私に触るな!」



生まれた時から同じ家に住んでいる
特殊な関係である。





ツンデレ美少女
雪夜 鈴華(ゆきや りんか)


×××


爽やか意地悪イケメン
神田 優翔(かんだ ゆうと)





なかなか素直になれない私は
いつも彼に酷い言葉ばかりぶつけるけれど。



「ごめんね、俺って悪いやつだから」




今日も私は、彼に迫られる。




「どうせなら一緒の部屋にしてもらう?」
「は……」



積極的で強引すぎる彼に
正直もう、心臓が持ちそうにない───






\幼なじみと焦れったい恋を/






小説を読む