ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君が好きと言ってくれるなら、なんだっていい

作品番号
1504797

最終更新日
2018/11/3

君が好きと言ってくれるなら、なんだっていい

馬村 はくあ/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
193ページ
PV数/111,418・総文字数/72,888

「こんなとこにいたなんて、盲点」


君に
会いたくなんて、
なかったよ。


「愛ちゃん、大好きだよ」
際限なく愛をくれる
彼と一緒にいれば
幸せ日々が続くと。

だから、君に
会いたくなんてなかった。
でも、
会いたくて仕方なかった。



◌⑅◌┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈◌⑅◌

「あたしは、もう……」
佐々 愛梨-Airi Sasa-
カフェ店員。28歳。


「お前からの好きが欲しい」
白崎 浩一-kouichi Shirasaki-
遅咲き俳優。28歳。


◌⑅◌┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈◌⑅◌


自分を際限なく愛してくれる。
自分を大切にしてくれる。
自分に癒しをくれる。

そんな人といた方が
幸せになれると思っていたのに

それでも、ずっとずっと
大切な思い出はそこにあった。

だから、この手を──


2018.11.3完結しました☆彡.。


小説を読む