ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

早く俺に溺れろよ〜好きと言われたその日から〜

作品番号
1503706

最終更新日
2018/6/24

早く俺に溺れろよ〜好きと言われたその日から〜

三宅 あおい/著 ジャンル/恋愛(学園)
348ページ
PV数/4,713,754・総文字数/100,945

「好きなんだけど。」






恋に無縁な私が、ほとんど関わりのないイケメン生徒会長に告白された!?







「これから磯村さんも生徒会入れ。」






強引な彼に、無理矢理生徒会に入らされる私。






どうやら彼の目にはフィルターがかかっているらしく、こんな私を可愛いと言うのだ。






好きと言われたその日から、彼のアタックは増していくばかりで…………?






ーーーーーーーーーー


静かで内気な小動物系女子
磯村 杏奈(いそむら あんな)


×××


女嫌いな完璧生徒会長
中川 光輝(なかがわ こうき)


ーーーーーーーーーー






「なんでこんなに可愛いんだよ。」
「磯村さんだけは特別。」







彼からのストレートな言葉に惑わされてばかり。








「このまま苦しくなるほどキスしてやろうか?」






そんな彼は強引で、たまに危険なにおいがする…………。







「俺のことしか考えられないくらい
俺に溺れたらいいのに。」






彼の甘くて深い溺愛に、私の心臓はもちそうにありません…………。







小説を読む