ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

この世界にきみさえいれば、それでよかった。

作品番号
1500260

最終更新日
2019/12/13

この世界にきみさえいれば、それでよかった。

永良サチ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
225ページ
PV数/1,135,880・総文字数/115,968





ねえ、聞いて。



私がこれから大人になって

たくさんの言葉を覚えて

果てしない未来を生きたとしても


きみからもらった宝物は

永遠に色褪せることはない。



悲しいのに、寂しいのに

会いたくて仕方がないのに


なんでかな。



空を見上げて流れた涙は


今日もすごく優しいんだ。





*2018年・5月25日/完結、公開*

原題・《涙で海ができるまで》

\2020年・2月/
ブルーレーベルから書籍化予定

こちらは修正加筆前です。
読みづらい箇所があると思いますが、
書籍の際には読みやすくしておりますので、
サイトとの違いもお楽しみいただけたら
嬉しいです。よろしくお願いします!



小説を読む