ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

壊れそうなほど胸が苦しくて

作品番号
1492725

最終更新日
2018/4/12

壊れそうなほど胸が苦しくて

ヘムヘム虎/著 ジャンル/ノンフィクション・実話
195ページ
PV数/34,012・総文字数/56,396

先日、
職場の元 同僚から年賀状が届きました。



この物語は、
その子とまだ一緒に仕事をしていたある日、

LINEに送られてきた、
ある一言がきっかけでした。




<今より女子力UPさせて、
私も結婚したい!(^o^)>


「だったらまずその寝癖を直してこい。」


<え!?寝癖ついてる!??>






サクラ 24歳

生まれつき耳が聞こえない聴覚障がい者。

だけどいつもポジティブ、
いつも笑顔がとってもキュートな女性。

あと、
本人に言うともの凄く怒るけど、ちょっと天然。




ナガセ 26歳

見た目ワイルド 中身クールなナイスガイ。

仕事の正確さ、スピードは
誰にも負けない若きうちのエース。

とっても優しいのに、
サクラに対してはちょっと当たりが強い男性。





既婚 2人の子持ち。
だけど気分はいつでも18歳。






小説を読む