ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

(修正中)PMに恋したら

作品番号
1461314

最終更新日
2018/11/6

(修正中)PMに恋したら

久音嶋美都/著 ジャンル/恋愛(純愛)
143ページ
PV数/371,816



高校生だった私を助けてくれた憧れの警察官に再会した。

「君みたいな子、一度会ったら忘れないのに思い出せないや」

そう言って強引にキスをしてくる彼は記憶の彼とは正反対。

「もっと深いキスをしたら思い出すかもしれないよ」

こんなにも意地悪く囁くような人だとは思わなかった…


◇◆人生迷子OL × PM(ポリスマン)◆◇


「君の前ではヒーローでいたい。そうあり続けるよ」

本当のあなたはどんな男なのですか?



※実在の人物、事件、事故、公的機関とは一切関係ありません

2018年03月01日執筆開始
2018年04月22日完結

この作品は以前公開していた同タイトル作品のキャラ設定を変えて書き直したものです。シーンなどは変わっていません。


小説を読む