ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君が世界で一番になったとき

作品番号
1447997

最終更新日
2017/8/4

君が世界で一番になったとき

如月 はる/著 ジャンル/恋愛(純愛)
5ページ
PV数/46・総文字数/1,460

高校の入学式で私、竹中美湖15歳、恋をするって 決めたんだ。

そしてクラスのかっこいい男の子に告白して、念願の彼氏が!

しかし、そんなときにひょんなことで話すようになった他校のクールイケメンが、

お前の作り笑顔には絶対に惚れない。

可愛くない顔してるなって、失礼なことを言ってくる。

そんな彼が私の素の笑顔を引き出してくれて。

俺の前でそんな作り笑顔するなよ。


俺がお前の全部とことん聞いてやる?今まで話せなかったことも俺に言えよ!何時間でも付き合ってやるから。

そんな潤んだ瞳で言われたら。

美湖と蓮の恋する哲学、ラブストーリー開始。


小説を読む