ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

大切な記憶【野いちご10周年企画】

作品番号
1427393

最終更新日
2017/5/7

大切な記憶【野いちご10周年企画】

神田 翔太/著 ジャンル/青春・友情
89ページ
PV数/5,890・総文字数/26,526

私は家にいると孤独になる。


お母さんは、いつも勝手だ。


私の気持ちなんて、少しもわかってくれない。


もしも私が、もう一度、お父さんがこの家にいたあの頃に戻れたら、私は涙なんか流さないで、笑っていられるのかなぁ。


あの頃の私は、自分の未来がこんなにも悲しいものだなんて、知らなかった。


私、どうして泣いてばかりいるんだろう?


悲しさが、止まらないよ……。


「野いちご10周年記念の限定小説です。
小説を読むためのパスワード取得方法は、5月30日(火)に野いちご10周年ページにて発表予定です。」



この作品を読むにはパスワードの入力が必要です。