ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ペットな彼女の甘え方

作品番号
1395867

最終更新日
2019/6/2

ペットな彼女の甘え方

冬花 にこ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
77ページ
PV数/200,489・総文字数/28,900

『実瑠来、よく聞くのよ?他人は簡単に信じちゃダメ。愛想よく振舞ってくる人を信じちゃダメよ?』


『?…うん、分かった!』



幼い頃から母にそう教えられてきた。


だから、私は心から信じられると思った人にしか懐かない無愛想な子に育ったの。



そんな私が高校生になったらどうなるかって?



「うーっ」


「こら、威嚇すんなっ」



まるで野良犬のように育ちました(笑)



そんな私に、お世話係がついちゃった!!



「やだやだやだっ、離れたくないーっ」


ペット系ふわふわ美少女

【西條 実瑠来(Saijo Miruku)】高1

×

「みぃ、待て…出来るよな?」


実瑠来に甘いイケメン男子

【蓮水 劉翔(Hasumi Ryuto)】高1



「りゅー…抱っこ…」


「……はいはい」



2人の甘い甘〜い生活をたっぷりどうぞ❤︎



⚠︎主人公のキャラが苦手という方、甘い描写が苦手な方はご遠慮下さい。



タイトル変更しました!

旧『ペットな彼女の特等席❤︎』

新『ペットな彼女の甘え方』


小説を読む