ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

私が消えても誰も困らない。

作品番号
1384018

最終更新日
2016/11/23

私が消えても誰も困らない。

春野 もあ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
4ページ
PV数/20・総文字数/240

『なあ、あんた。俺と賭けをしねぇか?あんたが勝てばあんたの望む現在を創ってやる』


それは、ある雨の日だったー。



『負ければお前の存在はこの世界から消える。自分の命と引き換えのゲーム。どうだ?』


「そんなもん、決まってる」

ーーーーーーーーーーー


俺はあの日、あいつを失った。


俺の目の前でそいつはこの世界から消えた。


なんで…何でだよ!


そう思ってもあいつは戻ってこなくて。


後悔ばかりが募って6年。


俺には選択肢が与えられた。


答えは決まっている。


「俺はー」


ーーーーーーーーーーー

初めまして(^-^)/
もあと申します。
私は、小説を書くときテーマを決めているんですが今回のテーマは
『タイムリープ』
です。


*○*○*○*○*○*○*

自殺しようとする少女
西田 叶凜

×

未来から来た少年
シンヤ


*○*○*○*○*○*○*













小説を読む