ケータイ小説 野いちご

櫻の園
書籍化作品

作品番号
138164

最終更新日
2012/7/1

櫻の園

かな/著 ジャンル/青春・友情
193ページ
PV数/968,252・総文字数/138,920



何度繰り返すだろう

あと何回思い出すだろう


喉を締め付けるような苦しさを

空気を求めてもがいた日々を


ただひたすらに


真っ直ぐだったあの頃を







*映画【櫻の園】ノベライズ*

好評発売中

あらすじを見る
ヴァイオリニストになる夢を失った少女・結城桃が、 姉がかつて通っていた名門私立女子高校「櫻華学園」へ編入してくる。伝統を重んじる音楽学校の方針とそりが合わず、新たな目標を求めてここに来たのだが、 櫻華学園も伝統に囚われた学校だった。他人がどう思おうとも、 自分が正しいと思ったことに妥協したくない桃は、 転校初日から、早くも規則だらけの学校に違和感を覚える。ある日、校舎内にあかずの部屋と言われる場所があることを知り、好奇心に駆られる桃。 そこは廃部となった演劇部の部室だった。そこで桃は、チェーホフの「桜の園」の台本を見つける。その後、かつてこの女子高では創立記念日に「桜の園」を上演することが 毎年の伝統だったのだが、ある事情から今はそれが途絶えていることを知る。桃は再び「桜の園」の劇を復活させようと、同級生や仲間たちを誘い奔走するが・・・。

小説を読む