ケータイ小説 野いちご

放課後美術室
書籍化作品

作品番号
1354271

最終更新日
2016/8/3

放課後美術室

イアム(麻沢 奏)/著 ジャンル/恋愛(学園)
239ページ
PV数/763,933・総文字数/112,965

私には、色がない。

人に言われたら、言われたとおり、その色になるだけ。
自分の色じゃない。

それでもいいって思っていた。
無駄にあがくことよりも、諦めたほうが傷つかないから。
流れに任せたほうが楽だから。

でも、そんなことがどうでもよくなるくらいの衝撃。
目に飛びこんできた色の洪水が、私を一瞬で虜にした。

“無題 2年 桐谷遥(きりやはるか)”

その絵の前で、私はどのくらい佇んでいたんだろう。


***


麻沢 奏(あさざわ かな)の名前で、書籍化が決定しました。

『放課後美術室』
著者:麻沢 奏(イアム)
発売日:9月28日(水)
発行:スターツ出版文庫

 
 

好評発売中

あらすじを見る
「私には色がない――」高校に入学した沙希は、母に言われるがまま勉強漬けの毎日を送っていた。そんな中、中学の時に見た絵に心奪われ、ファンになった“桐谷遥”という先輩を探しに美術室へ行くと、チャラく、つかみどころのない男がいた。沙希は母に内緒で美術部に仮入部するが、やがて彼こそが“桐谷遥”だと知って――。出会ったことで、ゆっくりと変わっていく沙希と遥。この恋に、きっと誰もが救われる。

小説を読む