ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

相原くんは秀才。

作品番号
1348636

最終更新日
2018/11/3

相原くんは秀才。

∞yumi*/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
28ページ
PV数/108,768・総文字数/12,226

ある日、クラスの秀才くんは言った。

『仕方ないから勉強見てやるよ。
今日、俺の部屋来れば?』


決して優しいわけじゃない。

でも、意地悪とも違う…。


別に近づきたいわけじゃない。

でも、会えないのは寂しい?!


…全然好きなんかじゃない。

だけど、鼓動は高鳴って。



『あの、教えて下さい…。
出来ればこの気持ちの答えも。』




A.相原くんは、秀才。
────────────



あなたはこの問題、解けますか?


∞yumi*短編企画
誰と恋する?危険な男子寮
〜ダレコイ〜

211号室 AIHARA×秀才=∞yumi*


小説を読む