ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ストーカーは昼夜を問わない

作品番号
1294177

最終更新日
2016/1/19

ストーカーは昼夜を問わない

櫻祢/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
13ページ
PV数/858・総文字数/11,104

・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。


天才と何とかは紙一重とは
よく言ったものだと思う。

ある日仕事の帰りから疲れて帰宅中、
大型トラックに轢かれて死んだ私

千種里桜(ちくさ りお)

目が覚めたらそこにはいかにも
怪しげなピエロがいて....


「アナタにはこれから
ある世界に行ってもらいマース」


有無を言わさず連れて行かれた先で
会ったのは少し...まぁまぁ......
かなりクセの強い男達ばかりで...

私が魔力制御装置?

なにモノ扱いしてくれちゃってんの?

おまけに身体縮んでるてどういうこと?


「こんにちは。お嬢さん。
これからよ・ろ・し・く・ね?」


.....あぁ、遠い世界の向こうにいる
お母サマ。

あなたの娘は今日もこちらで
こき使われています。


・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。・゜・。


小説を読む