ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ねぇ、松風くん。

作品番号
1287854

最終更新日
2018/10/1

ねぇ、松風くん。

∞yumi*/著 ジャンル/恋愛(純愛)
284ページ
PV数/4,438,748・総文字数/87,025

*ねぇ、松風くん。*


初めて松風くんを見た瞬間
私の中のときめきメーターは
ビビッとMAXボルテージ。

それでね、思ったの。
”あ〜、この人だ”って。


★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★

佐々木 優 - ササキ ユウ -
「私…松風くんが好き」

×

松風 葵 - マツカゼ アオイ -
「……ごめん」

★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★


どうして恋はこんなにも
人を一生懸命にさせるんだろう。

_________________________

「優ちゃん俺の彼女になって」
「え?!」

「優さん、今日も可愛いな…って」
「か、からかわないで!」


「佐々木さんベタベタされすぎ」
「……ま、松風くん!?」

優のモテ期に葵が……変わる?



ジレジレ ラブ ストーリー解禁♡

2015.12.27▶︎START
2016.01.17▶︎GOAL

総合ジャンル別共に
ランキングイン ( *´꒳`* )♡♡
ありがとうございました!

感想ノートへのコメント全て
読んでお返事させて頂いてます♡


表紙のイメージ画は和友(わえん)様に
完結してすぐの頃、依頼して
描いていただいたものですっ*˙︶˙*
とても可愛くてお気に入りです♡

あらすじ

優(ゆう)はバイト先のオーナーの弟、葵(あおい)に生まれて初めて一目惚れをした。クールな中に、不器用な優しさを垣間見せる葵に、優はどんどん惹かれていく。ひょんなことから、同じ学校の隣のクラスだったこと知った2人は、少しずつ互いの距離を縮めていく。そんなある日、仕方なく参加した合コンで他クラスの潤から猛アタックされるようになった優。球技大会直前、潤との仲を誤解され、勢い任せに告白した優に葵は───。


この小説の宣伝エアラブ

小説を読む