ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

鬼の双子と新選組

作品番号
1279300

最終更新日
2018/8/24

鬼の双子と新選組

幸-yuki-/著 ジャンル/恋愛(その他)
33ページ
PV数/3,437・総文字数/12,852


七瀬火雨(ななせひさめ)

双子の姉で,槍の使い手。

元は神様で現在は鬼。

ある事情で神殺しをしてしまい,鬼になってしまった。

鬼の様に容赦無く何でも斬り捨てるので『鬼の槍の火雨』と,どこでも言われて有名。

七瀬時雨(ななせしぐれ)

双子の弟で,刀の使い手。

彼も元は神様で現在は鬼だ。

彼は姉の火雨を庇った為,神様の世界での掟を逆らうという事になってしまい,鬼になってしまった。

彼は,常にしっかり者だが,怒ると鬼の姿になり,全てを斬り捨てるので,彼も『鬼の刀の時雨』と,どこでも言われて有名。

この双子は恐れられて人から避けられていた。

そんな中,ある人が手を差し伸べて二人を助けた。

ーその代わりに契約を結んだ。

二人はこの人に死ぬまで仕え,約束を,必ず守ること。

ある事情で夜に外を出ると,最近,江戸から来た浪士組の奴等に出会った。

そこから,この双子の運命が変わった。

双子の姉弟と新選組の皆との
青春 × LOVEストーリー


小説を読む