ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

そろそろ我慢の限界です

作品番号
1231008

最終更新日
2015/12/16

そろそろ我慢の限界です

happines/著 ジャンル/恋愛(純愛)
21ページ
PV数/1,126,966



俺の先輩は

屈託ない笑顔で


無意識な上目遣い、


無自覚な可愛さがある先輩だ。



*無自覚先輩×無愛想後輩*



「あ、後輩くんみっけ!タックル〜」



「…何してるんスか。」



子供みたいな無邪気さ、



「…少しだけ一緒にいて……」


甘えん坊で寂しがりやな先輩。



そしてーー


「後輩くんと一緒にいると楽しいね!」


とても俺を煽るのが上手い。



先輩、そろそろ俺、我慢できないです。



「…俺も男なんですよ?」



いい加減、

自分のしてることに気づいてください。


こっちはもう限界なんです。





小説を読む