ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

紅い記憶と廻る時

作品番号
1167869

最終更新日
2017/10/23

紅い記憶と廻る時

菜緑 命子/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
22ページ
PV数/556・総文字数/7,923


みんな覚えてるのに、僕だけ覚えてなくて。


はじめましてなのに、はじめましてじゃなくて。


知らないはずなのに、知ってて―――







ねぇ、あたしがもし、貴方のことが五百年前から好きだったって言ったら、笑う?


それとも、引いちゃう?


……なんてね。


……あたしは怖がりだよ。


だから、この気持ちも、ずっとずっと前に胸の内に閉じ込めたんだ。


でも……今なら信じてみても、良いよね?







他の人とは違くて、化物扱いされてた僕の事を『綺麗』って言ってくれたのは、君が初めてだった。


記憶の中の赤と、僕にある青。


その二色が、混ざり合った時―――




☆☆☆☆☆


伊ヶ崎 颯人(Igasaki Hayato)

平 雛梨(Taira Hinari)

能勢 藤吾(Nose Tougo)

尾浜 苗子(Ohama Naeko)

黒門 希一(Kurokado Kiichi)

???(Secret)


☆☆☆☆☆








室町時代と現代の記憶が、少しずつ、合わさっていく―――





小説を読む