ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

記憶堂書店

作品番号
1160848

最終更新日
2019/12/4

記憶堂書店

佐倉ミズキ/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
143ページ
PV数/24,690・総文字数/113,343



あの時、もう一つの道を選んでいたらどうなっていただろう。

必ず誰もが考えること。

幸せになっていたのだろうか、不幸になっていたのだろうか。

大体は考えるだけで終わるのだが、どうしても‘その時’に戻りもう一つの人生を見たいと思う人が存在する。

その人たちを迎える本屋があった。

創業110年にもなる古書店――記憶堂書店。

三代目店主の柊木龍臣は今日もまた記憶の本を手に取る。


「過去は変えられません。しかし、選ばなかったもう一つの人生を視ることは出来ます」






小説を読む