ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

『土方大明神』

作品番号
1112624

最終更新日
2015/7/10

『土方大明神』

吉野まい/著 ジャンル/ホラー・オカルト
129ページ
PV数/6,425・総文字数/31,008


鬼の副長とよばれた土方歳三…鬼神と成す。

誰がよんだかよばぬか『土方大明神』…。


落ち武者幽霊…あやかし、人…関係なし…。


『中途半端な気持ちで死ぬから化けてでるんだ!!

俺がその性根を叩き直してやる!!』


陰陽師でも御札でもなくたった一本‥名刀『和泉守兼定』のみで死んでる者まで粛正させ化け物退治。

敬愛する局長 近藤勇の愛用していた『虎徹』が何物かに盗まれた。

「虎徹を妖刀にはさせねえ!!」

何の因果か‥肝試しに置いてきぼり食らった悪運強いのか不幸なのかわからない草色男子、浅葱 誠の前に現れて虎徹を探しミステリー事件を解決するホラーサスペンス。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この物語は…フィクションの為史実と異なる部分があります。
お気軽にお立ち寄りくださいませ☆更新できるだけ頑張りますのでよろしくお願いします(^◇^)┛



小説を読む