ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ヘタレ男子の哀れな恋愛事情

作品番号
1043439

最終更新日
2014/5/5

ヘタレ男子の哀れな恋愛事情

多摩次郎/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
3ページ
PV数/314・総文字数/2,712

好きになった彼女は
俺とは違ってとても強い、

凛とした美しいお方でした___。


「いや、俺は決して女性が苦手とかそういうわけではない。ただちょっとお話しするのが苦手なだけだ。___そんな哀れむような目で俺を見るんじゃねぇよバカ!!」


旭日 時雨(アサヒシグレ)16歳

友達にヘタレと言われるが俺はそんな事絶対に認めない!


φ


「ふむ、貴君は中々よい体系をしている。どうだ、某と共に剣道をしないか?」


影千代 雪音(カゲチヨユキネ)17歳

剣道部副部長、皆が認める強さを持つ先輩は美少女(というか美形)だけど少々変わり者


そんな先輩に声をかけてもらった俺は

無謀にも先輩の事を


好きになってしまったのです…。



※男性目線のラブコメディ予定。
 甘々にはあまりならないと思われます。
 また、序盤に説明文が多くてぎっしりつまってます。そこは適当に読み流してください。


小説を読む