ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年07月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 部活中
    • 告白

    よお!

    開く閉じる

    • 暴走族【お題】
    • 放課後
    • 屋上
    • 髪クシャ

    冷たい風が頬を撫で、目が覚めた。
    視線だけで辺りを見回すと、夕陽に染まった屋上のベンチに自分がいる事に気づく。
    どうやら昼食の後、少し寝ようと目を瞑ってそのまま放課後まで寝てしまっていたようだった。
    『うそっ…』
    「…やっと起きたか」
    ガバッと起き上がると、横から呆れたような声が聞こえた
    見れば、暴走族の総長をやっていると噂になっている人物が、隣に座ってこちらを見ている
    『あ、えっと…その…』
    焦って視線を彷徨わせていると、その人は困ったように笑った
    「あんま怯えた顔すんなよ、傷つくだろ?」
    『す、すみませ』
    「お前だと特にな」
    そう言って私の髪をくしゃりと撫で、立ち上がった彼を見上げる
    『それってどういう…』
    「家どこ。送ってやる」
    『え。そんな、いいですよ!』
    「この時間危ないからな。素直に甘えとけ」
    『…じ、じゃあ…』
    と彼と一緒に屋上を出た

    (さっきの…どういう意味だったんだろ)

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    高校3年の学年一のイケメン

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

Ena.

【会員番号】720960

【性別】女のコ

【誕生日】3月

【自己紹介】初めまして!Ena.です。



《*連載中*》
→桐谷くんは今日もずるい
→理想的キューピッド


《*新着完結*》
→好きです、センパイッ!!



*『1日10分、俺とハグをしよう』書籍化決定
→2018/3/25ピンクレーベルとして発売

*『葵くん、そんなにドキドキさせないで。』書籍化決定
→2018/6/25ピンクレーベルとして発売

【マイリンク】

【血液型】A型

【星座】牡羊座

【趣味】映画鑑賞

【マイブーム】食べ歩き&カフェ巡り

【今一番やりたいこと】焼肉食べたい

【誰かこんな小説書いて!】切甘、ラブコメ読みたいなぁ

▲