ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月07日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • お昼休み
    • 屋上
    • 告白

    続きから

    「えっと...」

    「先輩、本当に鈍感ですね、
    俺先輩のことが好きです
    俺と付き合って下さい。」

    急なことで言葉が出なくて..

    「ちゃんと俺が先輩に似合う男だって証明するので...ダメですか?」

    春樹くんは本当に甘えるのが上手だな...

    「お願いします、」

    「ほんとですか?..」

    こうして私たちは付き合うことになった

    「先輩これからはたくさん甘えて下さいね...あと下の名前で呼んでいいですか?」

    終わり

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 部活中
    • 髪クシャ

    「「お疲れ様でした!」」
    サッカー部の終わりの挨拶が聞こえる。
    「やばっ。」
    私は、バレないようにコソコソと逃げる。
    バレたらどうなることやら。

    「なんでこんなところに女子が?」
    背中の方から、声が聞こえた。
    「先輩…!?」
    一番、バレたくない人にバレた。
    「あ、いやこれは…」
    「あー、もしかして梶原?」
    そう言って、先輩は梶原を見つめる。

    梶原は、私の学年の王子様。
    爽やかでカッコよくて、文武両道で。
    先輩は梶原目当てだと勘違いしている。
    「いや、ちが」
    「梶原、呼んできてあげようか?」
    「おーい、梶…」
    「私は!」
    先輩は驚いた顔でこちらを見る。
    「梶原じゃなくてっ!その……」
    「先輩が……好きなんです!」

    先輩は、私の髪をクシャ…と触る。
    「……あー、そっか。」
    その顔は、とても赤くて。
    「…いや、ごめん。勘違いしてた。」
    先輩は、軽く頷いて

    「これからも俺だけ見てくれる?」

    開く閉じる

    • 後輩
    • お昼休み
    • 屋上
    • 告白

    お昼休み友達に断って屋上で食べることになって...

    「はぁー...成績どんどん下がってきちゃってる、」
    勉強のことで一人悩んでいると...

    「いたー!先輩探したんですよ!」
    最近よく話しかけてくれる委員会が同じの春樹くんだった

    「どうしてこんな所で一人で食べてるんですか?悩みごととかあるなら聞きますよ?」

    「えっ?悩みごとなんてないよ、全然..」

    「先輩は本当に嘘がつけませんね、バレバレですよ?悩んでるって顔してますw」

    「もお、笑わないで!春樹くんには関係ないことだから!」

    「俺に関係ないこと?もしかして好きな人がいるとかですか?」
    春樹くんが急に迫ってきて...

    「え!?いやいや違うから..」

    「あの先輩、やっぱ俺のこと子供に見てますよね、」

    「...俺は先輩のこと一人の女性として見てるんですけど、」

    「えっと...」

    続く

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

冬馬 雪

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:YukI(初回登録:2008/01/21)
  • 2:冬馬 雪(変更1回目:2009/05/04)

【会員番号】54571

えらい!

【自己紹介】応援ありがとうございます!!

Twitter→あっとtmyk_berry


●オススメ作品●
『理想恋愛屋』
葵に訪れるのは災難or試練!?
ハイテンション♪ドタバタ★ラブ!?コメディ

『秘密の告白〜おにいちゃん、あのね〜』
完結済
しっとり系『理想恋愛屋』へと続く物語。

【マイリンク】

【趣味】執筆、落書き、歌うこと、ゲーム

【好きな芸能人】aiko、WaT、いきものがかり

【今一番やりたいこと】執筆・執筆・執筆・執筆。とにかく書きたい。

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】コメントいただいた方の作品は読むようにしてます。そのまま登録しちゃうことが多いです。汗

【誰かこんな小説書いて!】本格推理小説

▲