ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年02月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • VD2019【お題】
    • 廊下

    「相良先輩います……か…わお」
    私は今、先輩である相良先輩の教室に来ていた。
    チョコを作ったから、渡そうと思ったけど…無理かな!
    「相良くん、チョコ受け取って!」
    「作ったからよければ食べて?」
    「相良くん──」
    先輩、モテモテなようで。お疲れ様です。
    あんなにチョコ貰ってるなら、別に渡さなくてもいいよね。
    このチョコどうしよう。

    「あれ?陽菜ちゃん、2年の教室に来てどうしたの?」
    この声は!
    「碓氷先輩?」
    「うん、碓氷先輩だよ」

    なんと、相良先輩の友達の碓氷先輩でした!
    先輩、丁度いいところに来てくれましたね。

    「碓氷先輩、良ければこのチョコ受け取ってください」
    「え?愁はいいの?」
    愁とは、相良先輩の事だ。
    「はい、沢山貰ってるようだし、私のは義理なんでいらないと思って」
    「…そっか(義理…ね、愁ドンマイ)じゃあ、貰おうかな」


    「──ダメに決まってんだろ」


    _②に続く

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • VD2019【お題】
    • 廊下→図書室
    • 続編

    ②続き_

    「──ダメに決まってんだろ」

    「え?」
    私の後ろから突然聞こえてきた声。…相良先輩?
    「雅人、そのチョコは俺のだ」
    「はいはい」
    碓氷先輩に渡したチョコを、相良先輩は奪うように受け取る。
    「行くぞ、陽菜」
    先輩に腕を引かれる。
    「ちょ、相良先輩っ!?」

    連れて来られたのは、誰もいない図書室。
    ずっと無言だったから、なんだか怖い。

    「お前、俺にチョコ渡さねえつもりだったのか?」
    「いえ、先輩沢山貰ってたようなのでいらないと思って」
    「他の奴のなんて受け取ってねーよ」
    「ひどいですね」
    どんな鬼畜野郎ですか。
    「…。つかお前、義理ってどういう事だよ」
    「普通に義理ですけど」

    「クソ、次は作ってこいよ」
    「はい?」

    「今回は義理で我慢してやる。でも来年は、本命チョコを持ってこいよ」
    「意味が分かりません」

    どういう事?


    「好きだって言ってんだよ」

    開く閉じる

    • 同級生
    • VD2019【お題】
    • 中庭

    中庭の隅っこのベンチに、体操座りで座る私はため息をつく
    「チョコ苦手とか…
    もっと早く知りたかった」
    クラスのイケてる女子たちが男子に義理チョコを配っていたが、匠は一人それを断っていた
    今持っているこのチョコは、その匠にあげるために作ってきたもの
    「無駄になったなー
    お父さんにあげるか」
    「なんで?」
    ため息をついてベンチにあげていた足を下ろし、帰ろうとした時後ろから声が聞こえて驚いて振り向く
    「たっ、くみ?!」
    驚きすぎて変な声が出た
    そんな私に匠は笑う
    「なあ。それくれねぇの?」
    「え、チョコ苦手なんでしょ?!
    あってか別にあんたにあげるなんて」
    「それはそれ。これはこれ」
    匠は私の言葉を最後まで聞かずチョコを取り上げて一つ口に放る
    「…うん。あっまい」
    苦手なはずのチョコを嬉しそうに食べる匠
    渡すときに言おうと予行演習までした言葉は全部飛んでった
    「…好きだバカ」
    「ん、知ってる」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

Q&A

会員登録の方法

(カイイントウロクノホウホウ)

◆どうやって登録するの?
①TOPページ上部の【無料会員登録】をクリック
②【会員規約】【作品投稿ガイドライン】【プライバシーポリシー】をよく読み、空メールを送信(パソコンの場合はe-mailアドレスを入力して送信)
③『野いちご』から確認メールが届いたら、メール本文中のURLをクリック
④パスワードなど、必要事項を記入。
⑤登録ボタンをクリックして登録完了!
◆会員登録ができない
▼「入力されたメールアドレスは既に登録されております」と表示される場合

小説サイト「Berry's Cafe」に会員登録をされていませんでしょうか?
「Berry's Cafe」の会員であれば、同じIDとパスワードにてログインが可能です。
作家メニューや読者メニューの情報を引き継いでご利用いただくことができます。

※なお、18歳未満の方はBerry's Cafeにご登録いただくことはできません。

▼登録用URLの記載されたメールが届かない場合

昨今、迷惑メール設定におけるセキュリティ強化が各キャリア様でされております。
そのため、ドメイン指定をされていたり、指定受信許可設定をされていても、メールが届かない場合がございます。
そのため、すべての拒否設定を一度解除して、再度お試しいただくか、迷惑メールフィルターの「なりすまし規制」の設定を確認してください。
そちらが、もし「高・中・低設定」されている場合、「設定しない」にした後、会員登録を再度お試しいただけますでしょうか。

関連項目

登録日:08/10/21
最終更新日:16/08/22

▲