ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年04月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 放課後

    高校生になったら運動部に入って、楽しく過ごすって決めてたのに…。
    私の通っている高校は県内トップクラスの公立高校。授業のスピードは早く、予習復習をしっかりしないとついていけない。そんな環境の中で運動部に入れば、当然両立も厳しくなる。せっかく入ったバスケ部も、勉強が中途半端になるため3日で退部せざるを得なくなった。

    泣きそうになりながら駅のホームで電車を待っていた。もう喉がヒリヒリして今にも涙がこぼれそう…。そんな時に現れたのがあなただった。

    「…!すみません!」
    ボーッとしていたせいで、誰かにぶつかったみたい。慌てて顔を上げるとそこには長身でカッコイイ大学生くらいの男の人が立っていた。その人は私の顔をじーっと見るといきなり私の腕を掴んでホームの奥まで連れて行った。

    「え!ちょ…」

    「ごめん、あんなに辛そうな顔してる君を放っておけなくて」

    「!」

    今の私がいるのはあなたのおかげ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 新学期SP【お題】

    「ゆーくん、何組だった?!」

    「、、、言いたくない。」

    「なんでよ!!もー言わないなら探すからいいけどさー!」

    「待ってよ」

    「なんで!」

    「信じたくないから」

    「え?」

    「お前と違うクラスって信じたくない」

    「えっ、、と、、違うクラスだったの?」

    「そう」

    「そっか、、ってゆーくんは別にわたしもおんなじクラスじゃなくたって大丈夫でしょ??好きなわけじゃないんだし!!」

    「好きだけど?」

    「え?」

    「なに?」

    「ちょ、ちょっと待ってよ!!状況が掴めてないんだけど、、ゆーくんがこの私を好き?」

    「だからそうだって」

    「う、そでしょ?」

    「ほんとだから。返事してほしいんだけど。」

    「えっ!あ、うん。も、もちろん私もゆーくんのことが好き、だよ?」

    「っ、」

    「その顔でその言葉は反則だから。」

    この日からツンデレ気味なゆーくんが私の王子様になりました。

    開く閉じる

    • 元隣の席のキミ
    • 休日
    • 私の家
    • 新学期SP【お題】

    ずっと片想いをしていた彼と、やっと両想いに成り、今日は、私の家でお家デートをしていた
    『新しいクラス、どうだ?』
    『んー?…まぁ、なんとか馴染め…てないなー…あは…』
    渇いた笑いが漏れる
    『お前、前からボッチだったもんなー?』
    彼はからかうような視線を向けてくる
    『それ以上言うと…』
    私は彼の肩に手を置き、力を入れる
    『な、ナンデモアリマセンヨー』
    彼はそう、降参した
    『あの…さ、』
    『ん?』
    『何か、お前と同じクラスの時に告白しとけばなって』
    『え?』
    『同じクラスでカレカノってのが少し、憧れる』
    『今は、学校も違うしね』
    『ああ』
    『なら、進学先を同じにすれば良いんじゃないかな?
    そしたら同じクラスに成れるかも!』
    『本当、お前の前向きな所には助けられるし好きだ』
    たまに彼は真剣な顔で恥ずかしい事を言う
    『照れてる…可愛い』
    『チュッ…』
    その後の甘いキスを期待してる私も同じかもね?

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

2018年10月発売のスターツ出版文庫

“この1冊が、わたしを変える。”スターツ出版文庫

スターツ出版文庫は、書店の「新刊・話題の書」コーナーや「ライト文芸」コーナーに置いてある場合が多いです。見当たらない場合は今一度売り場をご確認ください。

もう一度、君に恋をするまで。もう一度、君に恋をするまで。

後悔できない、二度目の初恋――。
奇跡は、未来を、運命を、変えるのか。

もう一度、君に恋をするまで。
●「小説家になろう×スターツ出版文庫大賞」大賞受賞作!
『もう一度、君に恋をするまで。』
[原題]魔法が解けた、その後も
早迫佑記/著
イラストレーター:げみ
2018年10月26日発売  定価670円(税込)
出版元:スターツ出版
  • amazonで買う
  • 楽天で買う

はじまりと終わりをつなぐ週末はじまりと終わりをつなぐ週末

悩み迷い、そして見つけた一筋の光。
読後誰もが涙する、自分探しの物語。

はじまりと終わりをつなぐ週末
✽誰もが絶対大号泣!
『はじまりと終わりをつなぐ週末』
菊川 あすか/著
イラストレーター:おとないちあき
2018年10月26日発売  定価670円(税込)
出版元:スターツ出版
  • amazonで買う
  • 楽天で買う

君と見上げた、あの日の虹は君と見上げた、あの日の虹は

日常の些細な幸せに気づいたら、
それだけで人は生きてゆける――。

君と見上げた、あの日の虹は
✽読後、心が晴れ渡り涙!
『君と見上げた、あの日の虹は』
夏雪なつめ/著
イラストレーター:染平かつ
2018年10月26日発売  定価616円(税込)
出版元:スターツ出版
  • amazonで買う
  • 楽天で買う

あやかし食堂の思い出料理帖 ~過去に戻れる噂の老舗『白露庵』~あやかし食堂の思い出料理帖 ~過去に戻れる噂の老舗『白露庵』~

今宵も狐のあやかし店主がおもてなし!
癒して救う、幻の名店へようこそ!

あやかし食堂の思い出料理帖 ~過去に戻れる噂の老舗『白露庵』~
★「小説家になろう×スターツ出版文庫大賞」部門賞受賞作!
『あやかし食堂の思い出料理帖 ~過去に戻れる噂の老舗『白露庵』~』
[原題]あやかし思い出小料理店『白露庵』~過去に戻れる不思議な料理~
御守いちる/著
イラストレーター:新井テル子
2018年10月26日発売  定価648円(税込)
出版元:スターツ出版
  • amazonで買う
  • 楽天で買う

▲