ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 切ない【お題】

    先生と恋に落ちる、なんて馬鹿げてるって。
    絶対無理だからやめとけって。
    みんな口を揃えてそう言う。

    「もー、凛ったら、どれだけ大木先生のこと見つめてるわけ?」

    「いいじゃん別に〜」

    私の視線の先には、廊下で生徒と話している大木先生こと、翔ちゃんがいる。

    「幼なじみなのにさぁ、教師になった途端に私の連絡先ブロックしたんだよ」

    「そりゃー教師と生徒なんて、禁断の関係でしょう」

    『禁断の関係』『禁断の恋』みんなにはそうやって言われる。
    でも、私にとっては、『大木先生』じゃないの。
    『翔ちゃん』なんだよ。
    ずっと大好きで、ずっと片想いだったかもしれない。
    でも、私の気持ちを、教師と生徒だからって『禁断の恋』って片付けられるのは辛くて辛くて心臓が痛む。

    教師と生徒は恋をしちゃいけないんですか…?
    禁断の恋なんて誰が決めたんですか…?
    私の気持ちは何処に追いやればいいんですか…?

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 下校中
    • 家の近く
    • 切ない【お題】

    私の大好きな幼なじみに彼女が出来た。



    それから二人で帰るのは何日ぶりだろう。

    「……悪い。一緒に帰れなくて」
    「あんたには彼女がいるからそっち優先してたんでしょ?だからいいよ………」

    二人で帰るのが日課だった。

    幼稚園から仲良しで家が隣だから必然的に一緒に帰る。
    それなのに始めて私はひとりで帰った。
    その日、泣かないと決めてたのに涙が溢れてくる。何も出来ず、諦めて泣く私。隣には慰めてくれる人はいない。

    君の存在がいつの間にか大きくなっていたよ。

    「寂しいなら言えよ?彼女も大事だけど、お前も妹みたいに大事だから」
    「うん……」

    寂しいよ。
    そんなことを言う勇気はない。

    結局、私は君の中で妹に過ぎない。

    「これからひとりで帰るね。あんたは彼女を大切にして」

    こんなこと言いたくなかった。
    でも、あんたの幸せはあっちだよ。

    精一杯の笑顔でその日、このキモチにサヨナラした。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 切ない【お題】

    今日も彼と一緒に帰れる。やったー。

    「今日も嬉しそうだな。いい事あった?」
    「いい事あったよ。今日も一緒に帰れること」
    「そんなに嬉しいか?まぁ、いいけど」

    彼はなんてことない事かもだけど、私はすごく嬉しい。だって彼のことが好きだから。

    「そっか、嬉しいか。そしたら可哀想なことになるな」

    「何が可哀想なことになるの?」
    「俺、彼女出来たんだ。だから明日から一緒に帰れない」
    「え?」

    今なんて?彼女?

    「そっか、良いよ。でも彼女出来たんだ。可愛い子?今度紹介してよ」
    「可愛いぜ。お前も一緒に帰ってくれる人作れよ。俺じゃなくて」
    「そうだね。あんたより良い奴探してやるんだから」

    油断してたなぁ。いつも一緒に帰ってくれてるからてっきり付き合わないのかと思ってたのにもっとはやく自分の気持ち伝えれば良かった。あーあ。これからまた独りだ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

同居相手は黒猫くん (秋太/著)レビュー

★★★★★

キュンキュンでした♡

ほんとに二人の恋があまあまでやばかったです!

みっちゃんと佐久間くんの話もぜひ書いて欲しいです!

碧鉢
(2015/08/28/23:29)

▲