ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 登校中
    • 教室
    • セーラー服

    「だって私、セーラー服似合わないもの」
    真由美はいつもこういうのだ
    真由美は学校にいつもTシャツとパンツ姿で来る。
    180cmの長身にバスケ仕込の筋肉質な体で指定セーラー服が似合わないと思っている
    朝、真由美は教室の端の私の席に来て、私に封筒を差し出した
    少しだけ、ドキリとして受け取ると、丁寧な丸文字で
    「斉藤 真由美先輩へ」

    「あ、これ、ラブレター」
    私が指差すと、真由美は涙ぐんでいう
    「一年生の女の子」
    「まあ、でももらえるだけありがたいよ」

    「でも、私のことが好きなわけじゃないわ
    理想に一番近いのが私だっただけだもの」

    真由美はとうとう本格的に泣き出した
    私は教室から連れ出すと、校舎裏に二人座り込んだ

    真由美は声を上げずに泣き続けている
    さらさらの髪を撫でる
    真由美は必ず足を閉じて座るのだ
    セーラー服が似合わないなんて思わないよ

    まだまだ、告白はできないでいる。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中

    初恋は小学校の入学式の時だった。

    恋に気づいたのは小学校の卒業式だった。

    意識し始めたのは中学一年生の後半だった。

    いつも、俺は遠くから君を見つめているだけだった。

    君は....。

    他の奴が好きで

    俺のことは好きじゃない。

    いつになったら....。

    君に


    『好き』


    って、言えるのだろうかーーーーーーーーーーーーーーーーーーー?

    開く閉じる

    • 同級生
    • 修学旅行

    まずいまずい…。
    私、小林梨花は只今修学旅行真っ最中。
    そして迷子。
    知らない場所に1人なんてどうしよう…。

    「あ、梨花じゃん」

    「前澤くん…」

    私の名前を呼んだのは同じクラスの前澤くん。
    すごく顔が整ってて、学年で大人気の男子だ。

    「なんで涙目なんだよ。ほかの人達は?」

    「はぐれちゃったの…。誰もいなくて怖くて…」

    「そうなのか」

    前澤くんは手を震わせて俯いている私の顔を覗き込んできて笑った。

    「じゃあ俺にちょっと付き合ってよ」

    そう言うと私の手を握り歩き出す。

    「えっ、ちょっと前澤くん!」

    「いいから」

    さすがに、手を繋いだままだと恥ずかしい。

    「手…」

    「いいじゃん別にー。嫌なら離すよ?」

    「嫌じゃない…けど…」

    「じゃあいいじゃん!」

    前澤くんは握る手の強さを強めた。
    この手からドキドキが伝わっちゃいそうで私は深呼吸を繰り返した。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る