ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • 頬キス

    「眠……」
    「先輩は勉強しすぎですよ」
    「君は眠くないの?」
    「私は授業中、寝てましたから」

    そんな彼に彼女は少し寝たら?と話した。

    「会議まで時間ありますよ」
    「そう?じゃあ、お言葉に甘えて……ZZZ」

    隣椅子に座って寝た彼の肩に彼女は膝掛けを掛けた。

    ……一人でこんなに資料を作って……

    苦労を感じた彼女はそっと立ち上がろうとした。


    「……美友さん」
    「え」

    名を呼ぶ寝言にドキとした彼女は顔を覗き込んだ。

    ……寝てる……よし!今!

    彼女は静かに彼の制服のポケットに赤包みを入れようとした。

    「こら」
    「きゃあ?」
    「……ひっかかった!」
    「え?起きてたんですか?」

    彼女の手首をつかんだ彼は嬉しそうだった。

    「だってこうしないと、くれなさそうだし」
    「でも、これ義理チョコですよ」
    「そんな事言うなよ……」

    そして頬にキスされた彼女は夕焼けよりも真っ赤になっていた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 隣から

    今日はバレンタインデー

    幼馴染みの蓮は毎年すごい量のチョコを貰ってる

    「先生。教科書忘れたので隣の人に見せてもらいます」

    彼は毎年バレンタインに教科書を忘れる

    「また忘れたの?」

    「うん、だから見せて」

    そう言って、彼は机をくっつけた

    でも、今までと違うのは机の下で手を繋いでいること

    「今年こそはチョコくれるよね?」

    チュッ

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】

    「何だよこんなとこ呼び出して。ベタすぎ」

    2月の屋上は、やっぱり寒い。

    昼休みに入ってすぐ来たつもりだったけれど、先に来ていた彼の鼻は、ほんのり赤くなっていた。

    「ムードって大事でしょ?」

    付き合ってもう、半年になる。
    隣にいるのが当たり前で、どちらから告白するでもなく、恋人になっていた私たち。

    彼の隣に私以外がいるなんて考えられなかったし、私の隣に彼がいないことだって考えられなかった。

    「今日はバレンタインですね」

    好きと声に出して伝えたことは、1度もない。
    でも、今日は。

    「...そうですね」

    私の緊張を感じたのだろう。
    ふいと目をそらした彼が可愛くて、緊張がほぐれる。

    「...好きだよ。隣にいてくれてありがとう」

    緊張は、解けたはずだった。
    なのに声は震えてて、風は冷たいのに頬が熱い。

    チョコを受け取ってくれた彼が、照れくさそうに笑った。


    「俺も好きだよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

煙の彼女 (高山/著)

ファンメール出した後に題名変えましたすいません。感想下さいね♪煙の彼女

  • 幸色さんこれは、本当に亡くなった人がモデルです。個人的に闘病物を軽々しく書きたく無いんですよね。
    闘病物を書くならとても死と向き合うべきです。

    この亡くなった女の子はあちこちの短編に出ます。

    最初は書いててしんどかったですが、何とか吹っ切ってます。

    忘れては無いんですけどね。
    革ジャンはリベアすれば直りますよ。

    分かりにくい所なら瞬間接着剤で貼るんですよ。

    また僕なんかはそれも味わいだと思います。


    短編本棚に入れました。時間が出来たら行きますよ。北海道作家さんは僕が知ってるだけでも三人は居ます。


    さすが広いなですよ。いつもありがとうございます(^-^)

    高山   2016/08/17 20:18

  • お邪魔してます!こんばんは(^^)

    "死して尚も愛す"というのはこういう事なんでしょうね。物悲しい気持ちの中に温かさを感じて何とも深い愛だな~と思います。煙って所がまた素敵な発想だな~と感心して居りますよ!流石です!

    此れは私論ですが、イカレてる=個性的なんです。私も"変わってる"だとか"イカレてるな"って言われる事が多かったですから(笑)今よりもっと若い頃は"だったらどうした!此れが私だ!"と胸を張ってニッコリVサインをしてやりましたよ。ポジティブ精神は大事です(笑)

    其れと!革ジャン良いですよね!数ヵ月前にお気に入りの革ジャンに大きな穴が空きまして、未だに思い出してショックを受けてます(笑)長年愛用してましたし、シンプルなやつだったので普段から着てたんですけどね。新しいの探しましたけど、中々求めてるような革ジャンに出会えません(T^T)悲しいです。

    私も愛煙家なので喫煙所の無い所はキツイですね。今は娘が居るので換気扇の下でしかモクモク出来ませんけど(笑)

    結構北海道の作家さんがいらっしゃるみたいですね!お父さんが北海道に来た事が無いように、私も九州に行った事がありません(>_<)日本中を旅してみたいです(笑)

    其れとお父さんって呼ばれるの嫌じゃないですか?偉大な方をそうお呼びして大丈夫なのかとおろおろしてます(笑)嫌なら嫌だとハッキリズバッと言ってくださいね?(^○^)

    またまた素敵な作品、御馳走様でした♪

    追伸、思い付いたので実は短編を書きました。高山さんに読ませるなんてめちゃくちゃ恐縮ですけど、無理せず期待せず(←笑)時間がある時にでも居らしてくださいませ。でも時間が無駄になったら申し訳ないです!すみません!←先に謝っておきますね(笑)

    明日はどんな作品に出会えるか楽しみです(^q^)ではでは、此れにて失礼致します♪お邪魔しました!

    幸色 つづり   2016/08/17 17:49

  • シチローさんありがとうございます♪革ジャンの部分個人的的にも好きです☆愛煙家ですか?嬉しいです。喫茶店に煙草コーヒーに煙草良いですよね☆

    僕も愛煙家なのでとても嬉しいです。細かい部分 まで読んで下さりとても嬉しいです。ありがとうございます(^_^ゞ♪

    高山   2014/02/19 16:18

  • こんばんは、シチローです♪

    《革ジャンのポケットの中で、中指を立てる》のところがいいですね。

    こういう描写は映像では難しい、小説ならではのものだと思います。

    煙草の煙を題材に使っているところも、愛煙家のオイラとしては嬉しいところです♪

    喫茶店に煙草にコーヒーの組合せは鉄板です!

    幽霊は怖いですが、こういう幽霊なら大歓迎ですね♪

    シチロー   2014/02/18 23:06

  • おー!イエムさん、レビューありがとうございます(^_^ゞ♪嬉しいです☆

    高山   2014/02/08 21:27