ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月14日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 部活中
    • 体育館

    引退試合を目前に控えた練習終わり……
    「よ!もう練習終わり?」
    「うん」
    「じゃあ一緒に帰ろ」
    「いいよ」
    「もう、引退か~試合大丈夫かな~?」
    「大丈夫だよ、俺は小さい頃からお前を見てきたんだからお前の努力いっぱい知ってるから自信もって」
    「うん!そうだね!」
    「じゃあ勝ったらご褒美あげる」
    「え!本当に!」
    「うん」
    「何くれるの?」
    「う~ん、そうだな」
    「あ、いいこと考えた!」
    「じゃあ勝ったらご褒美に俺とデートしてよ」
    「ダメ?」
    「ダメじゃない、よ」
    「てゆうかそれ私へのご褒美じゃないじゃん!」
    「まぁまぁ、本当はデートしたいくせに」
    「っ…………/////」

    開く閉じる

    • 彼氏
    • 大人になって
    • 教室
    • ベタ惚れ2【お題】

    卒業式以来の学び舎
    校舎内は静かだけどグラウンドでは運動部の掛け声が聞こえる

    「懐かしいな」

    「本当だね、席覚えてる?」

    1年だけ同じクラスだった彼と今は付き合って数年が経つ

    あの時は付き合うことになるなんて思ってもみなかったな

    「俺がここでお前はそこだろ?」

    「そうだっけ」

    席までは覚えていなかった私

    「絶対そう」

    しかし彼は自信たっぷりだった

    「今だから言うけど、めっちゃお前のこと見てたからね俺」

    「ええ?なにそれ冗談でしょ?」

    付き合うきっかけは仕事先でたまたま再会したからだった

    それまで一切連絡もとってなかったし

    「3年間俺ばっか見てたのが、こうやって隣で笑い合えてるって思うと不思議だな」

    照れたように笑った彼が愛しくて

    「浮気したら許さないからね」

    「なわけ。俺の愛は図太いよ?」

    もっと早く好きになりたかったなと
    幸せな後悔をした

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 廊下

    放課後。
    人気のない廊下には、私だけ。
    卓球部が終わり、気づくと外は真っ暗だった。


    「暗い…」


    小走りで廊下を走っていると声をかけられた。


    「流ちゃん?」

    「小田先輩!?」


    後ろから、仲良しの小田先輩が歩いてきた。


    「流ちゃんも残ってたんだね」

    「小田先輩こそ、今終わったんですか?」

    「そうだよ」

    「大変でしたね…。じゃあ、先輩お疲れ様でした!」


    帰ろうとすると、後ろから「待って!」と腕を掴まれた。


    「俺、ずっと流ちゃんのこと気になってた…んだけど…」


    先輩はまっすぐ私の目を見つめた。


    「俺と付き合ってください」


    心臓が壊れそうなくらい音を立てる。


    「お願いします…」

    「俺、絶対顔真っ赤」


    暗くて先輩の顔はよく見えない。


    「次は明るい所で真っ赤になってくださいよ」

    「いやだ!」


    いつか、先輩の真っ赤な顔を見れますように。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

よるをゆく (yu_ra/著)

なんだか軽い書き上がり。

  • 耀成さん

    お読みいただきありがとうございます。そして感想と、素敵なレビューまで! とても嬉しいです。

    このお話は、「少女」でも「女性」でもない女の子が書きたいなと思って書いた作品でした。丁度その中間と言いますか。

    気持ちの移り変わり、そうですねえ。もう子供で居られないことはとっくに解っているのに、手を伸ばしたくなってしまう。でもやっぱりもう二度と、戻れない。そう言ったジレンマの中で揺れ動く気持ち、そうして結局最後には明日へ帰る。そういう気持ちの変化ですかね。
    このお話の場合、行き着く先が明日(未来)だということは決定事項なのでそういう点ではとても前向きかもしれないです。ただ、「こっちが前だよ」と無理矢理首を180度回転させられながら言われても、その方角が本当に前なのかどうか疑ってしまうのは仕方ないよね、という。そういうことです。自分でも何を言ってるんだかよく分からないですが、すみません、聞き流してくださいな。

    兎にも角にも。こちらこそ、嬉しい感想とレビューをありがとうございました。

    yu_ra   2014/02/22 22:46

  • yu_ra さん、こんにちは(*^▼^*)
    【きのこのうら】にてコメントを残させて頂きました耀成です。

    この世界観、いいですね…。

    思春期とはまた違った、子供から大人に変わっていく心情とでもいいましょうか。

    ふと、過去を思い返しながら物思いにふける衝動。
    それに反発するのではなく、
    ああ、あんな時もあったよね。
    あの時は、ああいう風に感じていたよね。
    そういう、気持ちの移り変わり。

    悲しい様な、でも、前を向いて
    また違った世界観を築き上げていこう。

    そんな印象を受けました。

    素敵な作品を拝読させて頂きまして、
    ありがとうございました(*^人^*)

    耀成   2014/02/21 11:57

  • 高山さん

    こんばんは。

    いやいや、充分お早いですよ。笑
    素早く反応していただいてとっても嬉しいです。なんかこう…「もしかして私の作品、心待ちにされてた?」と、浮かれてしまいますよね。ありがとうございます。

    私の中ではこの作品、結構ロマンチックな雰囲気だと思っているので、高山さんの思い出と重なると聞いてちょっぴり驚き。さすが高山さん、色々な経験をされてる。格好良いですね。

    それから。こちらで書くのもどうかと思いますが高山さんのエッセイ拝読しました。
    一言では片付けられない問題だけに沢山苦しい思いも存在するかと思いますけれど、どうか、ご自愛くださいね。無責任なことは言えないのでこの辺で止めておきますが、高山さんと甥っ子ちゃんが笑顔でいられますようにと祈っております。

    ではでは、また。

    yu_ra   2014/02/06 20:59

  • 楪 小鳥さん

    こんばんは。ワー、飛び付いてくださってありがとうございます。お早いレビューと感想コメント、とっても嬉しいです。

    んー…、この作品を気に入っているにはいるのですが、書き上げた時に何故だか「軽いカモ…」と思ってしまったのです。上手く纏まっていない気もするし、中身が軽やか過ぎるような。慎みがある人ならこういう場合、公開を控えたりするのかもしれませんが私は公開しちゃうのです。意志が弱いから。
    そして楪さんに褒めていただいちゃったりして。にや〜っとしてしまいます。嬉し。
    楪さんの言葉に胸を撫で下ろしました。「調子悪いですね」なんて言われたらどうしましょう、と思っていたものですから。

    温かく嬉しいお言葉をありがとうございます。

    四畳半神話大系にも食い付いて頂けて興奮しております。どうも最近のアニメは私の目にはどれも似たような雰囲気に見えてしまっていたのですが(顔が皆整い過ぎていたりとか)、このアニメは世界観が確立していて、他の何にも侵されない格好良さを感じました。原作もゼヒ読んでみたいです。
    楪さんのプロフィールを拝見しましたが、アニメ全般ご覧になるのですね〜。何かオススメのアニメがあったら教えていただきたいな〜なんて思いました。気が向いたらお願いします。

    ではでは、また。

    yu_ra   2014/02/06 20:39

  • 楪さんに、先を越された(笑)作品はお久しぶりです。非常に生き生きと二人を描いてて何か自分自身の思い出とも重なりました。

    一言では表さないですが余韻が残る素敵な作品ありがとうございます(^_^ゞ♪

    高山   2014/02/06 10:09