ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    "2月14日"
    放課後の教室にいる私(桃)の手には紙袋がある

    弘樹にあげようと思ってたやつが…

    弘樹ってのは幼なじみなんだけど…
    ずっと片想いなんだ…

    弘樹とって私はただの幼なじみ…

    「まだ桃いたの?」

    「ひ、弘樹!?」
    「驚きすぎ」
    「だ、だって…」

    「あれ、その袋」
    「えっと…」

    「まさかチョコ? お前も渡す奴いんだな」

    「こ、これはあんたの!」
    「お、俺?」

    「義理とか友チョコじゃないから!
    ちゃ、ちゃんと本命だから!」

    「マジかよ…」
    「ごめんね、一杯チョコもらってたけどまた荷物増えちゃった
    じゃあ、もう渡したから帰るわ」

    「待て!」
    「何? 受け取ってくれるぐらいして、よ……?」

    私の言葉を遮るように後ろから抱きしめられる

    「好きな奴のチョコ断るわけねえだろ…」

    「え?」

    「ほんとお前鈍感すぎ
    俺もお前のことずっと好きだって気づけよ…」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 昼頃
    • ライがバイトしてる店
    • 恋心を自覚

    それから俺は自分の気持ちを確かめるように彼女を観察するようになった
    そんなある日の事
    『レイヤ姉さん!見てくださいよこの写真!』
    『ん?どうかしたの?』
    どうやら休憩時間に入った様子の彼女とその上司?が会話をして居るのが聞こえた
    『めっちゃ可愛くないですか?
    もう一緒に住んでて幸せと言うか…!』
    『あらあら、あんたは最近幸せそうで良いねぇ』
    『えぇ、とても!』
    『しっかし写真沢山だねー幸せそうで何より』
    二人の会話に俺は完全に釘付けになっていた
    (一緒に住んでる…?しかも幸せ…?は?あいつ、まさか彼氏…いや…)

    “夫”

    という嫌な単語が脳裏によぎる
    (あーもーなんで此処まで来て気付くんだよ
    こんなことなら気付きたくなかった
    好きと気付いた時には手遅れなんてどこのドラマの話だよ)
    そんな皮肉めいた言葉を一言心の中で呟き店出た
    彼に恋心を自覚させるためのレイヤの罠だったとは二人は知らない

    開く閉じる

    • 先生
    • 屋上
    • ほっぺツンツン

    「いかがしました?」
    「あ、先生」

    中3の美友は高校見学の屋上から青空を見ていた。

    「私の家はどこかなって見ていました」
    「……理由を聞いていいですか」

    彼女は帰り道が自信ないと言った。

    「先生、東ってあっちですか」
    「お待ちください?今そっちに帰る者に同行させますから」

    そう言って日永がスマホを取り出したので彼女は慌てて彼の手を自分の手で包んだ。

    「いいんです!自分で帰れます」
    「何かあっては大変ですから。離してください」
    「イヤです!離しません」

    日永の腕にぶら下がる美友に彼はやれやれと力を抜いた。

    「困ったお嬢様だ……」
    「私はお嬢様ではありません!」

    日永は涙目で見つめる彼女の頬をツンツンした。

    「え」
    「それでは……私と帰りますか?」
    「は?」
    「ちょうど東に用事があるんです、さ」

    日永はそう言って美友の手を優しく握った。
    春風は二人をうららかに包んでいた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

冬桜 −二度咲く愛− (三上 蒼/著)

蓮の花の章あたりから、展開が速くなると思うので気長にお付き合い頂ければ…    

    ちなみにですが、処女作『世界で一番の愛してる』にでてきた和馬が登場します!(おりおん☆掲載)  

           もし前作を読んで頂いた方いらっしゃったら、それも注目して頂けると嬉しいです♪    

  好きな人物やシーン、感想など、何でもコメント頂けると本当に喜んでるのでお願いしますm(._.)m

  • 南の島の大王さん!!

    感想ありがとうございます初めて泣いた携帯小説だなんて、その言葉に泣きそうです

    書きながら一番苦しんだのが選択の場面なので、本当に嬉しいです


    作品を見つけて下さって感謝です

    三上 蒼   2011/01/29 19:38

  • こんにちは。

    作品読ませていただきました。

    涙がとまらなかったです。

    特に鈴菜か響聖か選ばなきゃいけなくなったところ。

    はじめて携帯小説で泣きました。

    出会えてよかった作品だと思いました。

    南の島の大王   2011/01/09 02:15

  • ダイさん!

    明けましておめでとうございます

    感想ホントにありがとうございました


    あんなにたくさんアドバイス頂けて、しかもあんな風に言って頂くなんて、感激です(T-T)


    ダイさんが目の前にいて直接アドバイスもらえれば…なんて妄想してしまいました


    ただ書くのではなく考えて書く。これが出来てないんです(>_<)書くということはホントに難しいです

    あーホントに頑張ろうp(^^)q


    私こそ新年早々めちゃめちゃ幸せな気持ちになりました!ありがとうございます
    すでに20回は読み返しちゃいました♪

    アドバイス活かしていきたいと思っています!

    三上 蒼   2010/01/03 05:36

  • あけおめです

    4ヶ月振りにやって参りました。あの豆腐の原料です。ダイです。
    o(*^▽^*)o

    やっと読ませて貰いました。

    感想は……





    いやはや、良かったです!
    ( '∇^*)^☆

    正直泣かされました。
    ""(ノ_<。)


    正直最初は「アラアラ。薄い描写の話やなぁ〜」って思ってたんです←ゴメンナサイ

    でも読み進めて行くと情景が見えてきて、75p辺りからはポタポタ涙がこぼれました。

    いやいや。これ、ちゃんと作り込んだら大バケしますよ?

    例えば医療事情とかをキチンと取材して、鈴奈が生前ドナーカードを作っていたエピなんかを挿入して、でも姉としてそれを止めている形にしたら……。

    例えば桜もそこに住んでいた時は冬に咲いた事がなかったとすれば……。

    また例えば移植に掛かる多額な費用をポンと用意出来る後ろ楯を設定するとか……。

    説明が少ないから、余計な思惑が動いてしまって、後半の感動に浸れないんですね?

    そこをキチンと構築し直せば、コレは……。って感じです。
    o(*^▽^*)o

    でもでも。それを差っ引いたとしても、キャラも話の進行も良かったし、ハッピーエンドで幸せな気持ちになれました

    新年早々幸せにしてくれてどうも有難う!
    (≧∇≦)ノ

    月星大豆   2010/01/01 03:26

  • welaさん!

    ようこそいらっしゃいました!

    うわぁ〜一気読みして下さったんですね♪めちゃめちゃ嬉しいです(T-T)


    しかも、引き寄せるような、だなんてありがたい感想を…(>_<)ありがとうございます(ノ_・。)


    二人の幸せまで思って頂けて感激しちゃいました!


    こんな形で感想頂いたことがなかったので、この作品を見つけるきっかけになった多上さんにも感謝です♪

    ホントにありがとうございました(^0^)/
    もしよかったら、他の作品にもお越しくださいませーo(^-^)o

    三上 蒼   2009/08/15 23:29