ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    はぁ、やっと補習も終わったし帰ろっかな

    ガッタ ガッタ
    バタバタ バタバタ
    何の音?
    この学校って怪奇現象とかなたっよね?

    「やっと見つけた!!
    桜井探してたんだぞ」
    「えッ?小畑先生なんですか?」
    「あのさ、今から時間ある?」
    「ありますけど?」
    何なのかな?
    こんなに慌ててるってことは、大切な用事なのかな?
    「えっとさ、お前って今、
    好きな人いる?」
    えっ、なにこれ?!
    先生なに言ってるの?
    「いますよ!」
    「そうなのか?
    あのさ、俺と付き合ってくれないか?」
    「えっ!!?
    はい!!」
    何で?私でいいのかな?
    でも、すごく嬉しい!!
    「幸せにするから!
    ありがとう!」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 屋上
    • 告白

    パタパタパタ

    ガチャ

    「やっぱり斗唯ここにいた。探したんだよ?」

    「なぁ祐希,返事どうしたんだよ?」

    「えっ?」

    「昼休みに告白されてたろ?」

    「知ってたの?」

    「なんて返事したんだよ」

    「『好きな人がいるので』って断ったよ」

    「なぁ祐希,そんなやつやめて俺にしろ」

    「ヘっ??」

    「だから,俺と付き合え」

    「...えっ?嘘!?ずっと私のことなんて眼中にないんだと思ってた。(ボソッ」

    「俺はずっと祐希が好きだった」

    「斗唯ありがとう。私の好きな人って斗唯なんだよ?だからよろしくお願いします」

    「ッ\\\...焦ってカッコ悪っ」

    「大好きだよ斗唯!」

    「やっとこれで俺のもの。一生離してやんないから」

    「うん!私だって斗唯のこと離さないよ?」

    「祐希,好きだ」

    チュッ
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    これは貴方と私の一生に一度の恋物語

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 後ろからギュッ

    彼氏と別れて早1時間…
    私から振ったのに、何故か涙が…止まらない。

    だって、しょうがないじゃない…
    あの女…藤守さんに、脅されたんだから。
    今頃裕翔は、どうせ藤守さんと一緒に居るに違いない。
    私より女子力もあって、メイクは少し濃いけど可愛いから。
    だから、男子なんて嫌い。性悪女でもすぐにホイホイついて行くんだから。

    私には、もっと素敵な男の子がいるはず…
    するとお店の方からふわりといい匂いがして来た。

    ああ。この匂い。裕翔の香水の匂いに似てるわ。

    「…ぐすっ」

    すると今度は後ろからも香水の匂いがして来た。

    ふわん…

    「はぁ…梨佳っ!何で別れるなんてっ」

    裕翔…息を切らしてまでここに来てくれたの?

    「うるさいっ近寄らないでよ!」
    「藤守に何か言われたんだろ?俺はあんな女の命令に従わない」

    「〜っ」

    バカ。気付くの遅いわよ。

    そう言い終わる前に、唇は重なっていた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

甘いのくださいっ!*香澄編追加しました* (月乃ミラ/著)

よい子のみなさん、
雑談はいけませんよ(笑)
あと、優しいコメントしか
受け付けませんよぉ~!

お陰様で完結!

  • おすぎちゃん、こんばんは(^o^)

    うわぁ〜早速読んでくれたんだ。
    ありがとです♡
    ねっ、悟と胡桃。
    とっとと結婚させました(笑)
    悟に和菓子作りに専念してもらおうと(^^)
    番外編、実は香澄とマスターを
    くっつけても良いかなぁって
    思ってたんだけど
    それじゃぁ、あまりにも
    坂下さんが可愛そうだなと…。
    もぉ、単にいちゃいちゃな
    二人にしたかったという……^^;
    いやぁ、ほんとに
    恋なんて何がきっかけで変わるとか
    分かんないよね。
    甘いのくださいっ!は
    これにて一先ず終わりだけど
    いつか、坂下さんのマンションの
    コンシェルジュの話し、書きたいなぁ…
    なんてね。
    いつになるやら、、、
    本当に来てくれてめちゃ嬉しい♡
    励みになります。
    季節の変わり目だから
    体には気をつけてね。
    ありがとーっ☆

    月乃ミラ   2015/03/21 20:52

  • mira!ちゃん

    お久しぶりです(^O^)
    香澄編読ませていただきました。
    胡桃ちゃんと悟さんが結婚して幸せになったんだなぁと改めて思いました。
    今度は坂下さんと香澄ちゃんが幸せになる番ですね。
    恋なんてどこから出会うか分からないからいいんでしょうね。
    ラブラブになった二人がうらやましかったです。

    おすぎちゃん   2015/03/21 13:16

  • HaLさん、おはようございます!

    こちらこそ初めまして……
    と言う気が全くしませんが…^^;
    読んでくださったんですね。
    ありがとうございます♪
    和菓子が好きで何となく
    勢いで書いた作品なので
    強引な展開になっております(^_^;)
    初めは悟とユズを兄弟にしようかと
    思っていました。
    なので名前も
    サトルとユズルと言った具合に。
    けれど設定的に書いていくの
    難しいなぁと変えました(^_^;)
    でもユズは最初から男の子に
    しようとは決めていたので
    そこは変えませんでした。
    楽しいと言って頂けて何よりです♪
    何だか天候がえらい事に
    なってますね。
    HaLさんのいらっしゃる所は
    大丈夫でしょうか?
    どうぞお気をつけくださいね。
    本当にありがとうございました\(^o^)/

    月乃ミラ   2014/12/18 06:17

  • 初めまして、
    高山さんの感想ノートからお邪魔しました、

    胡桃にとって出会いは最悪だったけど、
    それが整理できないうちに三角関係になり、

    ユズさんが現れた事でさらに複雑さを増して行ったりと、
    いろんな展開があったので読んでいて楽しかったです、

    でもユズさんの正体には驚いたなぁ?
    あとトキさんとの関係と……

    HaL(ハル)   2014/12/18 01:40

  • ようお越し…。
    ほんまに来ましたねぇ〜(-_-;)
    ほんで……
    パイナップル大福どないやねん。
    一層、
    君たちキウイパパイヤマンゴーだね大福
    作ったらええねんっ!
    ミラ子的にはアンコと生クリームの
    組み合わせが好きですねぇ〜
    でも結局、豆大福に戻るみたいな^^;
    うん、なんの話やねん(笑)
    もぉ〜マジでこの先読んでくと
    更にイタイっすよぉ〜^^;
    引き返すなら今のうちでっせぇ〜(笑)
    ありがとうでっす(*´艸`*)

    月乃ミラ   2014/09/01 21:25