ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月29日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 大学の先輩
    • 休日
    • スイーツ
    • 食べさせてくれる

    大学の先輩と、休日にデート
    おしゃれなカフェでスイーツを頼んだとき、頬張りすぎてほっぺに食べ残しが…!
    それを見たときに、放っておけないといいスプーンで食べさせてくれる
    こちらは、心臓ばくばく

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 頭ぽんぽん

    『○○』

    「え、何?」

    『部活、お疲れ様(頭ぽんぽん)』

    「ん△○■~~⁉️」

    『ビックリしすぎ!』

    「だって、急に....頭ぽんぽんなんてしてくるから。。。」

    『あはは‼️ごめん、ごめん(笑)』

    絶対に反省してないよ、これは!


    こんな彼と私は、付き合っている。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    「キスしたい」
    「……却下」
    なぜだ、とマジな顔で首を傾げる彼の鈍さは天下一だ。私はハアと顔を覆って溜息をこぼした。
    「見てここ駅。夕方の、1番、人が多い時間でしょ。一応聞くけどどこでしようとしてるの」
    「ここだよ」
    「却下!」
    「なぜだ?恋人ならキスするもんだろ。離れ難い思うものだろ?」
    「それは時と場所が大前提の話!」
    堅物の頭に言っても納得してもらえない。どうしたものか、と考えを巡らせていると、彼は「なら質問変える」と口を開いた。
    「俺とキスするの嫌か?」
    「なっ…!」
    ずいと顔を寄せられる。近すぎて焦点を合わせようと、なぜか視線は彼の目から逃れられない。
    「嫌ならしない。今後もそういうことは控えるようにする」
    「何言って…」
    彼の目が悪戯に光る。
    「嫌か?」
    「…いや、じゃ、ない…」
    額に柔らかくキスが落とされて、「そっちか…」と思わずの呟きを聞き逃さなかった彼に結局唇を塞がれた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

キミと出会えた奇跡 (莉恋*/著)

駄作ですがよかったら感想ください♪

  • 泣いてしまいました!!!!
    この小説を読んでから、小さなことでしにたいとかふざけて口にするのもバカバカしくなってしまいました。今生きてることはとても幸せで、出かけることも学校へ行けるのもなにもかも幸せだと思いました。
    ほんとに、この小説を書いてくださってありがとうございました!改めて、命の大切さについて考えることができました。

    @@@ゆり   2019/08/15 17:13

    @@@ゆりさん
    ご感想ありがとうございます!
    返信が遅くなってしまい、申し訳ありません……。
    拙い文章でしたが、私が伝えたかったことを汲み取っていただいて、この作品を書いたことに感謝していただけたこと、本当に本当に嬉しいです。

    今、生きていることってとても素敵なことなんだと思います。@@@ゆりさんが生きるている幸せを感じてくださっているなら、この作品を書いた私にとって大きな喜びです。
    本当に素敵なご感想ありがとうございました!

    作者からの返信 2019/09/09 00:05

  • 度々失礼します。

    俺なんかが莉恋さんの夢を叶えてしまってよかったのでしょうか?

    と思ってます...

    誰かの夢を叶える手助けができたのは嬉しいですが
    いざ叶えると本当によかったのかな?と思ってしまいます...

    でも本当にこの作品に出会えて良かったです!

    よく出てくるかもしれないですがよければ相手してやってください(。ᵕᴗᵕ。)

    ✩柚月✩   2019/05/20 20:07

    返信がとても遅くなってしまってすみません…!

    いえ、私の夢を叶えてくださって本当に本当に嬉しかったです。

    またいつかお目にかかれたら幸せです。今は休止中ですが、また出会えて良かったといっていただけるような作品を書けるように私も頑張りますね。

    本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2019/07/08 18:33

  • 初めまして
    俺も昔ガンでこの作品に出てくる子と同じように「また明日」という言葉が嫌いです。
    1度ガンになったからこそ死ぬ事がどういう事か分かってるつもりです。
    俺はこの本の主人公ととても似ています。
    入院中に親友をなくしているし。
    これ以上話すとキリがなくなってしまうので終わりにします。
    でも書籍化されたこの作品に出会ってから本の中ですが同じような方がいるのだと知って少し安心?というかなんというか嬉しく?なりました。
    本当にこの作品に出会えて良かったです。
    共感する所が多くてとても感動しました。
    このような作品を書いて頂き本当にありがとうございました!

    応援してます!

    ✩柚月✩   2019/05/18 19:33

    初めまして。
    とても大切なことをお話ししてくださったこと、そして素敵な感想を伝えてくださったこと、本当にありがとうございます。

    色んな方に命を大切にしてほしい、身近な生について考えてほしい。それから、この作品が誰かを支えるようになってほしい。そう思ってこのお話を書きました。
    今回、このような感想をいただけたこと、本当に本当に嬉しくて幸せで、つい泣きそうになってしまいました。

    唐突なのですが、私の夢は「この作品に出会えて良かった」と言ってもらえるようなお話を書くことでした。夢を叶えてくださって本当に本当にありがとうございます。幸せです。

    私も✩柚月✩様のこと応援しています。この度は、ありがとうございました!

    作者からの返信 2019/05/19 20:49

  • 書籍化されていたのを読みました!
    友達は大切ですね。
    命の大切さがわかりました!
    「また明日」
    という言葉が嫌いだったのに、亡くなる時に言えたのはみんながいたからだと思います!
    感動しました(´;ω;`)

    nonichi♥︎   2017/11/18 20:27

    書籍化の方を読んでくださったとのことで、ありがとうございます!!*
    友達や命の大切さを感じていただけてすごく嬉しい限りです。
    「また明日」という言葉を通して、紗葉の成長も伝わっていて幸せです( ^^ )!
    優しくて素敵なご感想を本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2017/11/19 15:57

  • 莉恋さん

    こんなに泣いたお話は久々でした。
    病気と恋愛と友情など私が好きって良いのかわからないけど泣けるお話で好きです。私もたまぁーにいなくなりたいとかおもっちゃうけど今生きてるのは奇跡だし、亡くなりたくないのになくなってしまう人もいるってことを改めて実感しました。1日1日を大切にしていきたいと思わせてくれるお話でした。これからもお話楽しみにしてます。

    ひの@にこちゅう   2017/05/08 03:05

    素敵なご感想ありがとうございます!
    ひの@にこちゅうさんに好きっていただけたこと、伝えたいことを感じてくださり本当に嬉しい限りです( ; ; )!
    嫌になってしまうこと時にはありますよね。でもそんな時にほんの僅かでも支えることのできる作品になれたならすごく幸せです。
    拙い作品ではありますが読んでくださりありがとうございます!
    もしよかったらこれからも、莉恋*を応援よろしくお願いいたします(^^)!

    作者からの返信 2017/05/09 19:41