「瑞緋君、朝だよ」


私の朝は彼を


起こすことから


始まるのです。


「菜歩さん、
おはようございます」


根気よく起こすこと五分


やっと起きてくれた


「おはよう」