ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 体育館
    • 告白

    ダンダンッ

    女「先輩、どうしたんですか?
    放課後体育館で待ってるって。」

    先「いやー……えっとー………。
    ……3ポイントシュート入ったら、
    話…聞いてくれないかな。」

    女「……分かりました。」

    先「……よしっ!」

    シュッ…………コロコロコロ

    女「やったー!!
    先輩凄すぎです!!カッコいい!!」

    先「俺……ずっと前から、君が好きだ!!
    バスケを頑張っている所も、
    友達と笑いあっている所も、
    ちょっぴり勉強が苦手でドジな所も、
    全部全部大好きだ!!
    僕と、付き合ってください!」

    女「!?……はい!
    私も先輩のこと大好きです!!」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    「霧矢くんっていつも寝てるよね」

    「なに、いきなり」

    「なんで…?」

    「眠いから」

    当たり前のような会話をしてるけど、ほんとにいつも思う

    四六時中寝てることなんてある?

    これでも一応彼女だよ?隣に彼女がいるんだよ?

    それなのにこの対応…

    「なんか怒ってる」

    「ふんっ、霧矢くんのせいだもん」

    「なんで怒ってるの」

    「自分の胸に手を当てて考えてみれば?」

    そう言うと、胸に手を当て考えたような表情を見せる霧矢くん

    困った顔が少し可愛い…って、そうじゃなくて!

    「やっぱりわかんない」

    「むぅ…霧矢くんが全然私に構ってくれないからだもん」

    「ふっ、何それ…可愛すぎ」

    「っ…!?き、霧矢くん…っ?」

    突然抱きしめてきた霧矢くんにドキドキが隠せない

    「ご希望にお答えして、これからはたっぷり構ってあげるから」

    「っ…」

    この甘さは以上です

    開く閉じる

    • 放課後

    とある日の帰り道

    「いつも一緒に帰ってくれてありがとう」
    私はそう言うと彼は、
    「別にどうってことないよ」
    と返してきた。
    私の弟は本当にかっこいい。私より2歳も年下なはずなのに私より大人っぽく見える。そんなところが羨ましいと思うけど、そんな弟が私は好き。本当に大好き。
    たとえ、血が繋がっていなくても………。
    「こんな楽しい毎日がこれからも続いていくといいな」
    そう言ったけれど、弟は
    「…………」
    何も言わなかった。
    「さっ、家に早く帰ろ!」
    私は、聞いていては行けなかったのかなと思い、場の雰囲気を変えるために走り出した。


    取り残された彼はボソリと呟いた。
    「姉さんは何も分かってない。俺が姉さんをどう思っているのか、これから姉さんと俺がどうなっていくのか………。もう、俺は姉さんとは呼べないし、姉さんも弟とは言えなくなるのに……。」

    彼の見えない心の中が、少し透けて見えていた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

理想の子 (加川アサギ/著)

あれは愛情なのだろうか……。

  • 小林様

    えっ、えっと、小林様は全然悪くないです!

    まったく気に障ってないですし、むしろありがたかったです。

    あれか!
    「ご感想ありがとうございました」
    って書いとけばよかったのに、私ったら( ̄□ ̄;)!!


    急な憂鬱コメント、失礼しました。

    返事の内容が妙にささくれ立ってしまったのは、なんというか……

    「実は、話の裏で、こんなドロドロがあったんだぜ!」
    と語りたくてうずうずしていたところに、小林様が来て下さったものですから、ついぶちまけてしまった……と、そんな所です。

    ふふふ……作品という餌に釣られて、まんまと罠に掛かってしまったようですね。


    まあ、愚痴だなんだと、さんざ作品を書いた作者の姿勢は否定しましたが(作者はもっと冷静であるべき!)、大丈夫、私は小林様の感想は否定しません。

    今まで、色々な方から感想をいただきましたが、解釈というのは十人十色。
    だからこそおもしろいし、「なるほど」と学べました。

    正直な感想こそ私が求めるものであります。

    ……だから、自分からこんなことを言うのも非常におこがましいんですけれど、罠を恐れずに、また感想を書きに来て下さいね。

    今度はもっと良い作品をお目にかけられるよう、頑張りますから。

    加川アサギ   2013/10/30 22:22

  •  うわ! すみません。ごめんなさい。

     作品は、作者の手を離れたら後は読者の感性の自由と、どうやらそれを謳歌しすぎたようです。オッサン、調子に乗りすぎました。

     丁寧なお返事をいただいて、ご本意とはかけ離れたコメントをした自分に反省しております。

     やはり私の配慮が足りなかったのでしょう。お気に触ったのであれば謝ります。たいへん申し訳ありませんでした。



     


    小林洋右   2013/10/30 18:36

  • 小林様

    お久し振りです、こんにちは。

    本作は、「ひとりよがりな愛情」を表現したくて書きました。

    それを「良心のファシズム」と読み取って下さり、感想まで下さったので、小林様には本当のことを申し上げましょう。


    本作は、物語という体裁をとった、愚痴です。


    お気付きかもしれませんが、この「おばあちゃん」にはモデルがいまして。

    彼女に対してムシャクシャした私は、彼女を「おばあちゃん」という形にし、公開して晒し者にすることで溜飲を下げました。
    下衆な作者です。
    私にだって、愛情の何たるかなんて分かりません……。


    「おばあちゃん」があくまで人間だったのは、モデルが人間であり、これが愚痴の域を越えない語だったからでしょう。

    だからたぶん、本当に愚かなのは作者です。嘆息。

    人間としても、物書きとしても、もっと成長しなくては。
    頑張ります。

    加川アサギ   2013/10/30 00:06

  •  なるほど、今回のテーマは「良心のファシズム」でしたか。これは昔からそこらじゅうにあるのに、何故か世代交代してもいっこうに解決しない愛情表現ですよね。

     お久しぶりです。日本で二番目に「愛情」のなんたるかを知らない、Mr.朴念仁の小林でございます。

     しかし、そんな私がこの作品にコメントをさせていただいても良いものか、どうか。実はおばあちゃんこそが感情の察知に不具合がある「古くなったよりかちゃん」ではないかと、そんなオチを予想しつつ読んでおりました。愚かなりMr.朴念仁。ショボショボ……。

     もっともっと精進致します(笑)

    小林洋右   2013/10/29 10:22