ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年04月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 新学期SP【お題】

    私、優季星は好きになって六年目のクラスメートがいる。この高校は中高一貫校で六年間クラス一緒なんだ。
    でも、素直に好きって言えなくて他の人が好きって言っちゃった❗️‼︎
    そしたら急に優しくなった。!そんなに嫌?(怒)
    ショック・・・・・・・。
    こういう時に席替えで席が隣に!
    どーしよー。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • お昼休み
    • 屋上
    • 新学期SP【お題】

    昔からモテてたのは知ってるけど…。
    「はぁ…」
    あんまり良い気分はしないもの。
    「亜優!」
    「きゃあっ!?」
    後ろからギュッと抱き締める湊。
    「やっぱこの抱き心地良いわ〜」
    「それって太ってるってこと?」
    「違うよ。逆に細すぎて心配なるよ」
    絶対嘘だよね。100%太ってるって言ってるよね。
    「まぁ俺はどんな亜優でも好きだけど」
    「なっ…!女子達と楽しそうに話してたくせに…」
    つい可愛くないことを言ってしまう。
    「何?もしかしてだけど…妬いた?」
    「だったら何?」
    「…可愛すぎる」
    「ちょっと…」
    更にギュッでしてくる湊。
    「俺が好きなのは亜優だけ。昔も今も。他の人なんか目移りするわけないじゃん」
    そうやっていつだって欲しい言葉をくれる湊をやっぱり好きだなって改めて思った。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 登校中
    • 新学期SP【お題】

    「あ、湊。おはよー、」

    「はよー、」

    「眠そー」

    「うん、眠い」

    幼馴染の湊は眠そうに欠伸した。

    「新学期始まったばっかじゃん。てか、湊さ、3組の新沼さんに告白されたの?」


    「…あー、うん。」


    「へぇ。。良かったじゃん。新沼さん可愛いしね。」


    「…まぁ。。」


    二人の間に沈黙が流れた。

    別に湊が誰に告白されて誰と付き合おうと関係ないけどさ…


    「…告白は断った。」


    「えっ⁈」

    湊の言葉に私は思わず声を上げた。


    「なんで⁈」

    「…好きな奴いるから。」


    「え……だ、誰?」


    サァッと風が吹き、桜の花びらが宙に舞った。


    「内緒。」

    ニッと笑みを見せながら言った湊にトクン、と心臓が跳ねた。


    一瞬期待してしまった。

    彼の好きな人が私だったらいいのにな、と。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

てのひらを、ぎゅっと。 (逢優/著)

学業が忙しくなってきたため、お返事を返すことができなくなりました(/_;)
でも感想ひとつひとつ、嬉しく読ませていただきます。

  • こんなに泣いた小説は初めてです(;_;)
    いつもは感想書いたりしませんが、あまりにも感動して想いを伝えたくなったので書かせていただきました。
    終始涙が止まらず目が大変なことになってます笑
    この本を読んで一生懸命生きようと決めました!
    これからも定期的に読もうと思います。

    yasuda a   2019/04/02 03:14

  • 初めて小説で泣きました😢
    命の大切さがものすごく伝わりました。
    心優ちゃんはとても優しくて思いやりがあってとてもいい子だなとおもいました。
    この作品はとても素敵なので、これからも時間があればもう一度読みたいです😢

    시이나   2019/03/30 13:14

  • 最初から涙が止まりませんでした…
    私が中学の時に1度読ませてもらった時も号泣でした。
    今私は高校卒業した身ですが、改めてこの物語を読んで、命の大切さ…
    生きていることの奇跡…
    大切な人達への想い…
    など多くのことをこの小説で学びました。
    この物語に出会って本当によかったと思います。
    中学の時に携帯小説を初めて買ったのが「てのひらを、ぎゅっと。」でした。
    いつでも心優ちゃんのような気持ちを忘れないようにと買わせていただきました。
    今でも大切に持っています。

    逢優様の書く物語とても好きです。
    この素敵な作品をありがとうございます。
    これからも応援しています。

    日葵-はるき-   2019/03/22 07:59

  • 私が一番好きな小説です。
    本を読むのは苦手でした。けれど、この本と出会ってからすごく好きになりました。
    何度も何度も読み直しても涙が溢れてきます。
    命ってすごく大切なんだと改めて教えてくれる作品でした。
    感動をありがとうございました。
    これからも応援してます!

    kanataro*   2019/03/07 21:37

  • 初めまして。
    私は親友からこのお話を勧められて読みました。
    何よりも周りの幸せを願う心優は、強く、美しく、そして優しい完璧な人だと思います。
    世の中には、『死にたくても生きている人』、『生きたくても生きられない人』がいる事を、改めてこの物語を読んで実感しました。

    このお話を勧めてくれた親友、辛い時もそばに居てくれる沢山の友達や、この1つしかない命を大切に、これからの人生がいつ終わっても後悔がないように生きていこうと思いました。

    今回は、こんな素晴らしいお話をありがとうございました。

    せばちゃん   2019/02/27 00:13