ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月14日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 切ない【お題】

    「俺たち、別れよう」

    突然の言葉。しかも、メッセージで。

    彼に本音で話せたことなんて一度もない。いつも顔色を伺って、ニコニコ、優しい私でいなきゃと最大級に気を張っていた。

    だけど好きだったんだ。理屈なんてなくて。10個の嫌いなところよりも、たった1つの好きが私の心を独占するくらいには。

    まだ理解できてない頭で、幼なじみの冬馬に電話する。

    「もしもし?彼氏にさ、別れようって言われちゃった…はは。」

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    幼なじみの優から急に電話がきた。彼氏と別れたって。

    「でも、気が楽になっていいかも。あはは」

    なんて、ばればれの強がり。優はめったに弱音を吐かないし、ましてや泣くなんてない。例え相手が14年もの付き合いの俺でも。

    それがどうしようもなくもどかしい。

    「俺じゃ、だめ?」

    なんて、言える勇気もないのに。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 切ない【お題】

    「…先輩、卒業おめでとうございます」
    あぁ、だめだ。
    先輩のおめでたい日なのに、声がどうしても暗くなってしまう。
    だって、悲しいんだもん。
    先輩は学校でひとりぼっちだった私を、先輩1人だけだった文芸部に誘ってくれた。
    私と先輩、2人だけの時間がとても楽しかった。
    …でも、また私は1人になっちゃうんだね。
    「そんな悲しい顔すんなよ。大丈夫だって。狭山はもう1人じゃない。俺がいなくても1人じゃない。それに後輩だって来るだろ?大丈夫だって」
    先輩、なんでそんなこと言うんですか。
    私には先輩がいてくれないと、嫌です。
    「泣くなよ。狭山」
    ぽんぽんと優しく頭をなでる。
    先輩…っ。
    「なんでこんな日に優しいこと言うんですか。いつもみたいに意地悪言ってくださいよ」
    だって、そうしてくれないと…。
    先輩、私は初恋を隠したまま、先輩を送り出さなきゃいけないじゃないですか。

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 教室

    キーンコーンカーンコーン        
    え!? 昼休み、もう終わり!?
    僕はまだ先輩と一緒にいたいのに・・・
    あと一年早く生まれていれば、先輩とずっといちゃいちゃできるのにな〜
    もし、同じクラスだったら授業中だって、休み時間だってほかのだれとも話す時間がなくなるくらい独り占めするのに、、、
     次の授業なんて受けないでずっと先輩の側にいたいな。。
    そういえば、今日のデートはどうします?前に先輩が見つけた野良猫でも探しにいきますか?笑
    ホームルームおわったらすぐ来ますね!!
    じゃあまた放課後!

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

tender dragon Ⅱ (美花、/著)

感想&レビュー待ってます!

  • とってもおもしろかったです。

    KP♛kaikun   2019/08/19 11:22

  • 凄く面白かったです‼️

    ガッキーです~‼️   2019/05/06 00:59

  • かな.さん
    感想ありがとうございます!
    細かいところまでちゃんと読んでくださって、私の方もこんな風にしっかりと感想をいただけですごく嬉しいです。
    かな.さんが、春斗のことが大好きなのも伝わってきました(^^)
    すごく短いですが、tender springという春斗メインのお話があります。もし良かったらそちらも読んでみてください!
    本当にありがとうございました!

    美花、   2016/03/15 14:31

  • あ、肝心なことを言い忘れていました。内容の分かりやすさにびっくりしました。こういう系の作品って、出てくる人物とか組織とか人間関係が複雑すぎて、私は進んで読もうとはしないんですが
    この作品は、なんとこう分かりやすいことか。何度も反復してくれたり、読者にわかりやすいよう極限まで配慮されているのがひしひしと伝わってきました。

    かな.   2016/03/15 09:50

  • あ、そうだ、春斗くんが一度、難波くんを探しに行った美波ちゃんが生徒に声をかけられた時に、「いかねぇよバーカ。」「お前らに用はねぇんだよ」って言ってますよね。あれ、5回くらいスクロール仕返して読み返しました。もっとしたかも。もうどうしようってくらい好きだ!と思いました。はー好き!また読み返して感想を書きにくるかもしれません。そのときは悪しからず…

    かな.   2016/03/15 09:48