ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • クール男子2【お題】
    • お昼休み
    • 屋上

    「でね、隣の席の羽野くんって子がね」

    トン

    「へ?」

    私の上には彼氏の悠

    「笑那」

    「な何?」

    「お前の彼氏は誰だ?」

    「ゆ悠デス」

    「だよな?他の男の事をずっと聞かされて嬉しいと思うか?」

    「オモイマセン」

    「これからは気をつけろよ」

    「ハイ」

    チュッ

    んんっ!?


    な長い...


    「お仕置き」


    カァァァァ/////

    「フッかわいいやつ」

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 部活中
    • 体育館
    • 頭ぽんぽん

    「ナイシュー!!」
    「どんまーい!!」

    暑い体育館の中で青春の声が響く。

    「5分きゅうけーい!!」

    この声で私の仕事の1つが始まる。
    バスケ部のマネージャーである私は一人一人にドリンクとタオルを配り始める。
    人数はそんなにいないから結構すぐ終わるけどね。
    最後は彼氏である碧(あおい)だ。

    「碧、お疲れ。これ、ドリンクとタオル」
    「ん。さんきゅ」

    あまり表情とか変わんないからほんとに私の事が好きなのか心配になる。
    それに、昨日切った前髪も気づいてくれない…。いや、気づかないかなとは思ったけどちょっと期待しちゃうじゃん?

    「休憩終了ー!」

    あ、もう5分たったのか…。

    「…あのさ、」
    「ん?何?」
    「…前髪、可愛い」

    碧はそれだけ残してコートに戻って行った。
    耳は真っ赤で頑張って言ってくれたのかな。

    「そういうのホントにズルいよ…///」

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 放課後
    • 帰り道
    • 後ろからギュッ

    「すっくん!帰ろ〜」


    「...ああ」


    「今日はね!〜なことがあってね!...」



    あっ
    靴ひもが...


    ...すっくん私が遅れてるの気づいてない



    やっぱり私のことすきじゃないのかな...?



    「...なにやってんの?早くきなよ」


    「...グズっ
    告白したのも、帰るの誘うのも喋ってばっかなのもいつも私」


    「なにいって...」


    「すっくんは本当は...私のことすきじゃないでしょ?」

    「...」

    なんで、なんも言ってくれないの

    「もういい、1人で帰るの!」




    ギュ

    「...わりぃ
    怒ってる美香も可愛いなって思って」

    「へ?」


    「たしかにいつも美香からだから
    今日は俺からデートに誘おうとおもって...
    緊張してて...」



    「そーだったんだ」





    ボソッ
    「それに、お前の可愛さに気づいたのは俺が最初だから」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【完】ヒミツの恋を君と。 (わたあめ。/著)

感想頂けると嬉しいです(*✪▽✪*)ノ゚

  • わたあめ。さんへ

    この作品はずっと以前に拝読させていただいたことがあるのですが、今回久しぶりに縁あって二回目を読ませていただきました。


    きっと何度目でも深く引き込まれて、登場する人物の優しい想いに触れ続けたくなる作品なんじゃないかと思ってます。

    きっと優しい気持ちと苦しいくらいの愛おしさを感じたくなったら(そして自分の作品を書くのに行き詰まったら(笑))また読ませていただくと思いますので、他の作品共々末長く楽しみにさせてください!

    すいか姫   2017/07/10 22:27

  • 実蒼空 さんへ☆


    実蒼空さん、また読んで下さったなんて嬉しいです。
    新たな部分を発見して下さって嬉しいです。
    実蒼空さん的にどの辺が泣けそうでしたか?
    書いている本人は何度も読み返したりしているので、途中ここは本当に感動シーンなのか?と疑問に感じたりもします。
    なので、もし今度お時間があれば教えて下さると今後の参考になります。

    よろしくお願いいたします。

    何度も読んで下さっているんなんて本当に感動です。
    また、思い出して下さったら読みに来てやってくださいね!

    わたあめ。   2015/08/02 21:54

  • 前にもコメントさせてもらったみそらです!
    また読ませてもらいました!
    ちょっと泣きそうになる部分が新たに見つかってやっぱりいい小説だって思えました!
    現実で晴みたいな男子が現れないかなぁーなんて思っちゃいます笑
    現れてほしい((小声

    実蒼空   2015/07/31 22:17

  • どりーみーさんへ☆


    どりーみーさん、秘密の恋を君とを読んで下さってありがとうございます(〃艸〃)
    感想もありがとうございます。
    桃佳を可愛いなんてっ!晴にべたぼれなんてっ!大好きなんてーっ!
    舞い上がってしまいます。

    これからも頑張ります!
    よろしくお願い致します♡

    わたあめ。   2015/03/02 21:44

  • こんにちは(●´∀`●)
    一昨日、この文庫版を読ませて頂きました♡すごくすごく感動して、涙が出ました。
    どうしても感想を伝えたくて投稿さして頂きました( ´艸`)
    桃佳ちゃん、すごく可愛いですね(o^^o)晴くんにはベタぼれしました(笑)
    わたあめ。さん、大好きです(*´▽`*)これからも頑張って下さい♡

    どりーみー。   2015/02/25 19:05